<< ビーチランド | main | 今日の空 >>
 今日の空
空

結婚率がほぼ100%に近かったのは昔からずっとなわけじゃなくちょっと以前の一時期の現象のことなんじゃないだろうか…。結婚式をするとかウエディングドレスを着てハネムーンに行く、指輪の交換とかも普通に陰謀が絡んでいるというか、

金を使わせたいから常識とさせたいのであって、少なくとも昔からずっとある風習ではないですよね。結婚したから皆幸せになるかというと…うーん。わたしは指輪って普通に管理するのがただしんどそうだなめんどくさそうと思うけど、失くして何万円が!とかオロオロするのがまず嫌だし。

櫛をプレゼントされる的な時代劇風なのは好きです。指輪って本物は失くしたらいけないからとっておくとか、じゃぁ最初からしまいこんでおくものならそんなもんいらなくないかとか…。離婚しようものなら幸せの象徴だったはずが全然違う感覚に変わってるだろうし。高いものだから換金するか(わからないけど)ポイするわけにもいかんだろうし。

うちの親に聞くと指輪は買ったらしくて、意味のなさをより感じる。かろうじて結婚指輪はわかるんだけど、フリーだから違う指にするとか意味がよくわからないというか…。違う指にはめるルールの把握もよくわからないというか。ていうかなんでそんなに指輪にこだわるのかがよくわからない気持ち。

フリーだから別の指、結婚指輪だからこの指とか普通にどうでもいい人にはどうでもいいよね…。小指にピンキーリングとかファッションでも自分がする気にはならないと思ってしまうのは心が汚れているのだろうか。小指にする指輪の意味もよくわからんけど。

なんで愛の形が指輪なんだろうというのも素朴に疑問です。指輪でプロポーズとかもあるんだろうけど、ただ単に友達として見てた人がわざわざ買ってきたとしたら、断ったときの罪悪感も高価な分、半端ないのでいい形にも思えない気がして。欲しい相手ならあげたら喜ぶだろうけど。

ネイルアートもそうなんだけど、手なんて細かいところにさらになんかしないといけないのが細かすぎるというか、その神経をさくのを違う場に使いたい。細かいことに神経をさくのが一番嫌だっていう。だいたい今の時代だとテレビに出る人はネイルまで整えてて人生がめんどくさそうだなと思っています。美容院に何時間も拘束されるのもわたしは嫌ですし、ネイルアートに時間使うのも辛いです。
| 2018.11.20 Tuesday | 日記 | - | - |