姿見

狭い部屋で生活していてもそこにも姿見があったのですが、狭すぎて色々動かした拍子に割ってしまったので買いました。アマゾンで3,000円未満でした。他にも家にあるじゃないと感じるかもしれないけど、自分の容姿を確認しているのではないというか、身だしなみにもなりますが、

鏡によく自分を映して確認しないとだんだんスピリチュアルな話だけど憑依があっても自分で気づかなくて重たくなって行く場合、自分が豹変する場合もあるらしいけど、確かに以前まで自分のよくいる部屋にも鏡を置いて映していることが多いのでそういうことがなかったのですよね…。

顔の造作の美醜を確認するというよりも、それもついでにはできるけれど、いつも表情の明るさとか自分の目つき、鋭くなっていないか、顔が曇っていないか、そういうところを逐一確認しないと意外と自分で違和感に気づかなくなると思います。自分が自分でなくなっていても気づかないという意味です。

ナルシスト云々ではなく鏡を見る習慣がない人は本当に自分の顔が曇っているかどうかすら最初は自分で判断できないと思うので、本当はよく鏡を見た方がいいです。信じない人は信じないで仕方がないけど、自分が自分でなくなっていても気づかない=人にいらぬことを言ってトラブルになって人間関係が一度でこじれてしまうなど、普通に回避できる場合が鏡をよく見るだけでありますしね…。

タオルは普段温泉にいった時ついてくるものを使っていたのですが、たまたま好きな感じのものがあったから買ってみました。