クリムト展




(クリムト展の四角の中に入って撮影用)

クリムト展に行ってきました。一度も結婚したことがないのに子どもが14人(?)いた…?どういうことなんだろうと思いつつも。話題のクリムトさん本人フィギュアも売っていましたね。(買っていませんが…)だいたい有名な画家の展覧会は人が多いので後ろの方でササーッと観て出てきてしまいます。

西洋画の貴族の肖像画そのもののような絵、基礎がすごくできていて、ロートレックのようなポスターもあったり、ゴッホのような本格的な風景の点描画と色々でした。ササーッと観てくるのであまりわからないままなものの、

クリムトの絵画で特徴的な装飾的な部分は日本の装飾品(工芸品)の影響を受けているような展示もあったように思います。ゴッホも浮世絵の影響を受けていたりと、あちらでは日本ブームがあったようですね。なかなか信じられないことですが。(ジャポニズム)

行った日は36℃くらいいっていたのかな…そんな中で駅から1km…(?)くらいだろうか、歩いていたら人間丸焼きにされてる気分で、行きも帰りも滝汗、そして絵より人を観てきた感じという正直な感想です。