自作マスク




DIY精神を発揮してだんだん自分のマスクのバリエーションが増えています。

不織布マスクをすべきといっても困窮している方に対してこれだけ長期間に渡って使い捨てマスクを使うと推奨するなら不織布マスクを寄付するなり行動につなげた方がいいのではないかと感じるのと、搬送されてくる方はウレタンマスクの方ばかりという情報もあって、布とは書いてなかったので現実的には布マスクはセーフだと個人的には思います。

普段行っているコミュニティで皆で教わったマスクの作り方で手縫いでコツコツ作っています。実際に言えるのはこれだけ長期間で使い捨ての不織布マスクを箱買いし続けるコストは痛いと感じる方が現実的にはたくさんいるのではないか?ということと、マスクを買い続けるって結構コストになるため、実際に最初にそれを考えて洗って使い回せるマスクにしていますね。使い捨てない安全なマスクが販売されていたらそれに越したことはないのですが。

女性の生理(月経)の貧困と言われるわりには使い捨てには変わりのないマスクが買えないというのはわりと無視されてますね。マスク調べてみると高いですし(生理用品よりもずっと高いですね…)。もちろん買えなくなったときを見越して不織布マスクもストックしていますが、高値で売られていて安い道具でのみで作るよりも購入する方がずっとコストが多くかかり大変だったりしますし。

不織布マスクを推奨するなら困窮している方に行き渡るよう徹底して助け合った方がいいです。わたしも不織布マスクの配給があったら一番安全なので、それにしますね。安全なマスクと言ってもかなりお高いのでこれは配給した方が話が早い気がします。

10年くらい前から、家族が基礎疾患を持っているため冬は常にマスクするのはずっとやっているのですが(手作りという発想はコロナ禍で覚えたので、過去は不織布マスクを外出時は常にしていました)現在のマスクの値段は過去の値段の倍は軽く越しています。普通はこの金額を一年を通してやること自体が厳しいです。

過去は50枚は入っている不織布マスクを箱買いしたところでせいぜい500円台だったので設定されている商品の値段の段階で高騰しすぎでおかしいですね…。マスクを高値で転売が問題になっていたようだけど高値で売る必要がない必需品が高値で売られている現状も問題だと思います。

使い捨ての不織布マスク、基本的に自分の顔にあったサイズで1枚10円ぐらいの単価のはずですね。不織布マスクを買えよと言われると、マスク以前に出かける自体やめてほぼ自粛を頑張っているのにどんどん長引かせて努力を台無しにしているのは誰だよ…これだけ長引かせてマスクを買うコストを長期間に渡って全員に負担させているのだから感染予防を徹底したいならマスクくらい配給制にしたり配れよと思います。

自粛を強いられていると自宅でDIY精神を発揮するくらいしか娯楽がないんですよね…。自主的に自分自宅監禁生活しています。家族が自分の行動次第で死んだら絶対後悔するためです。自宅警備員ほぼフルマックスです。

引きこもりが平気な体質だとは言え出かけないといけない用事くらいは時々ある、なのに感染者が増える、これまでの努力とは…。引きこもれていいよねと思うかもしれないが、引きこもれない場合一切自宅に帰らないという方法に振り切れると思いますね。インフルエンザでも基礎疾患は重症化するため常時マスクをしていたので、コロナに感染するリスクの高さはやばいです。