衣類とその後




過去はユニクロや無印良品に行く事をある意味ストレス解消というか気晴らしにしていたりしたのですが、強制労働で作られた商品が売られている疑惑でパタッと行かなくなりました。想像でそちらの方に住んでいる方達はだから潤っていい生活ができているのだろう…なんて知識もないまま思ってはいけないのだなと。

けれど過去から少し商品はストックしてしまったので、それらはなるべく長く大切に着るとして、パッと買ってみても製造元がブラックかもしれない…とよぎるので、もし買うとしたらsou・souなどなのかなぁ。皆購入したものが結局のところ外国製でどこで衣類を買ってきたらフェアトレードなどホワイトに働いている方が作った商品なのか見えない問題に直面します。だから当面着られるものは長期間大切にしてどんどん新しいものとはしないと決めています。

安くていろんな品がある…男女限らず魅力を感じる事が多いのだろうけど、最近は購入した後で知ったものの知らなかったですむことだったのかな、と罪悪感が拭えなかったというか。おそらく大手ではなく他のメーカーも同じである可能性が高いので。