卒業制作




卒制は特に2年目の後期に詰めていくんだけど、体調がどんどん悪化して出席日数がギリギリになり、成績が悪かったですが、なんとか制作はしました。作らないと卒業できず、卒業制作と言うにはしょぼい作品ですが。制作云々より自分の中ではどんどん体調が悪くなって意味がわからなくなってた頃ですね…。

体調の悪さって悪くなったら自分よりも、周囲というか家族が自分から申告しても取り合ってくれなかったりすると自分のせいなのか?ってなって客観視ができなくなり自己責任にして自分を責めたり混乱する傾向があるので心配してくれる家族を持っている人は貴重だと思います。わたしは家族が取り合ってくれなかったのでひとりで抱えて混乱していました。

以前の藍染してるのはその試行錯誤の途中です。染めた後に光を通さない布だったことが発覚して使えなくてボツになることがいっぱいあり。卒業制作も人それぞれで浴衣の型染をしていた同級生の子がいたのでワークショップなどがあれば今ならすごくやってみたいです。