棟方志功展




棟方志功さんって有名なわりには観たことがなかったけれど、万葉文化館で展示があって、率直な感想は「天才」です。図録は買ったけれど、本物のほうがとても大きく迫力があって感動や見応えが大きいので、もし近くでやっていたら行ってみた方がいいと思います。

棟方さんがどのあたりの年代の方かすらわからなかったけど、「雨ニモマケズ」の全文が入った版画や筆で描いたものもとても多くあったので宮沢賢治さんと同じ時代かそれ以降くらいなのだなと思います。「世界の棟方」と言われるのもわかる作品ばかりだと思います。大きいし精力的に描いていたのか量もあるし、迫力がある。

油絵もあったけど、風景のわりに、もうすでに形をなしてない抽象に近いような感じなんだけど、すごくよかったです。ふすまの大きな文字とかもありましたね。もう一度観ただけでファンになるというか、遠くの美術館に行くために遠征してもいいなというレベルですごかったです。

福光というのは福光駅という駅もあるようで(福光のお寺に一時期いたんだったかな…)みんなが見送りに来てくれたとか、他にも立山の山に何回も登ったり、地獄谷などが好きだったとかVTRのナレーションで言ってた気がする。蜃気楼にとても興味があって見たかったけど本人は一度も見たことがなかったとか。