モネの庭




モネの庭、今もなのだろうか、管理されているようで、睡蓮の水辺だけではない庭も多分あるようなのですね…。その写真を見てそのものじゃない形で描いているだけなのだけど。展覧会に出そうかなと思っていたけどそんな気もなくなりあげてみました。

こういう風景を描くほうが描いている本人はほのぼの癒される、動物は結構毛描きなど過酷なんだけど、わたしの場合、動物…多分そっちの方が受けはいいらしいです…。また進捗状況を載せる、かもしれません。夏頃だとこの部屋は毎日日中気温の平均が34℃くらいいってたので描けるはずもなく、秋になったらようやく部屋にいられるかなという感じです。

一応年賀状を送る方にはすっごいだらだら描いてる作品なので2年に渡って作品経過を印刷しているんだけど、風景画に関しては本人も何か絵を描いている人以外は無反応でしたね(いや、もらってから出してるから反応がないんでした、認知の歪みですね)。印刷する時すごく暗くしないとちゃんと印刷できないので暗くなっています。

絵の前面に出てくるところはすでに下塗りはしているけどあんまりクッキリ描くと絵の統一感が損なわれるだろうなとダラダラ描きながらも悩んではいます。