2002 お絵かき掲示板
クリスマス

覚えてないけど描いたらしい。若い頃ひきこもって絵描くサイクルでしたし。ネット上が殺伐としているので、もう絵を描く仲間で集える場ではなくただの自己主張だけの場になってしまって、わたしにとってはもうネット上で絵を描く価値が見いだせない。ネット上のやりとりが本物ではないという人もいるけど、顔も知らないからいいって場合もあると思います。絵を描きたい者が集うだけ、その人のいい面だけと触れ合える。
| 2017.12.23 Saturday | | - | - |
 ゆず 2011
ゆず

ゆず
| 2017.12.22 Friday | | - | - |
 紙の描き味

紙

 

紙

 

なんだこりゃ?と思ってたけど、裏を見たら紙の種類が違って描き味を試していたらしいです。「コットマン」と「ミューズ ケナフ」の描き味を試す的な。コットマンてそんな安くないですよね。高校生くらいの頃、

 

同級生のお母さんが小さいコットマンのスケッチブックをくださったんですが…。使わないからと。その方はわたしと同じで絵もやるし字もわたしよりずっと上手でという方で。ドゥードルというのは多分次の課題のメモですね…。

 

年賀状のデザインをおせちか着物の女性かで迷ってます。今日やるべきか。

 

コットマン

 

コットマンの絵ハガキ帳は自分で買ったことがあります。使ってないけど、モチーフにできる可能性のあるチラシや画材や本でぐちゃぐちゃ…。

| 2017.12.17 Sunday | | - | - |
 必ず正解しなくていい

絵具

調子の悪い6年間くらいは絵を習いに行ってました。その前は犬の世話したり畑したり植物に血道をあげたりひきこもって絵を描いたり手芸してたっぽいですね。親の入院も何度もあったし。

習い事も、半月くらい調子がでないので月1回しかでられず、月謝がもったいないと皆さんに軽口を叩かれつつも、とりあえず続けていました。みなさんがどういう発想でモチーフを選ぶかとかも興味深かったです。庭にくる雀が可愛いから描きたいとか。

人に恵まれていたのだろう。親に褒めてもらったことがない分、年上の方たちはちゃんとお母さんの経験をした方たちみたいで、子供を褒める感覚でうちではなかった普通のお母さんを少し垣間見ました。普通はお母さんは褒めたり認めたりするんだなぁ…と。

また趣味としていつでも習いに行けるし、ちょっとやってたぶん少しは描き方の仕組みが分かっていたり、やることに必ず正解を求めなくてもいいのだと思います。友達も体調が悪いのはずっとは続かないと慰めてくれたりと。

 

ずっと体調が悪いままでも、また調子が悪くなっても、わたしはわたしだし、人は人だし、わかりもしない人に非難される筋合いはないし。相手だって実は健康が当たり前だと思ってる視野の狭い人かもしれない。

 

わたしが恵まれていたのは、年上の方たちだとほとんどの人が体に不具合があるので、わたしが調子が悪くても受け入れてくれるんですよね。足や腰が痛いとか臓器でよくないところがあるとか。階段から落ちてしまったとか。

 

同世代の人たちはほとんどの人が調子が悪い人がいること自体がよくわからないと思います。あと、本当に人生って有限。わたしも年をとると必ず足腰が痛くなったりどこか悪くするからその前にやれるだけのことをやらないとと思いました。

 

生きてても思うように外を出歩けないとか。いろんな事情が出てくる。50くらいまでにやりたいことやりきるくらいにしといたほうがいいのかも…。もうそれくらいには体のどこかが傷んでいるでしょうね。より長くやりたいことやるには健康に気をつけなきゃだし…。

 

それと、これってめちゃくちゃ偉そうな物言いなんだろうけど、上の世代の人たちは専業主婦ですんだとか、気楽でよかったとか今の時代、働くママに蔑まれるかもしれないけど、家の中に誰か余裕のある人がいるからいいっていう場合もあるんですよね、多分。わたしは経験したことがないけど、「ただいま」って学校から帰って言ったらお母さんがいてくれてほっとしたとか。

 

私はほんとに元々口数が少ないほうだったし、親にも聞かれないし全然経験ないけど、学校であったことを話したり。そのよさもあったり。精神的な余裕や時間がないとどんどん文化が薄っぺらくなるし、廃れるというのもあるし。

 

だから働かなくてすんでいるママをディスるとか、うまく仕事と家庭を両立できる人を妬むとかそういう風にいくしかない世の中っていうのもなんだかむなしいですね。子供の何かの能力や金銭面でできることとかで張り合うんじゃなくてお互いの家庭が幸せであるように気遣えるといいんだけど…。

| 2017.12.09 Saturday | | - | - |
 創画会
創画会

創画会は初ですが行ってみよう。
| 2017.12.03 Sunday | | - | - |
 院展
院展

院展行ってきました。今日までです。だんだん絵が巨大化している気がする…。写実的な日本画でものすごくたくさん展示されています。審査で落とされる場合もあるらしい。

(院展のサイトで展示されている絵は見ることができます(全部じゃないです)。サイズ感がわからないだろうけど実物はすごく大きいです。全部展示できないくらい。春の院展は少し小さいかも…。)
| 2017.12.03 Sunday | | - | - |
 鳥獣人物戯画
鳥獣人物戯画

鳥獣人物戯画

鳥獣人物戯画昔やったな…あと伴大納言絵巻と源氏物語絵巻、信貴山縁起絵巻も。何も覚えてない。けどプリントはある。
| 2017.11.27 Monday | | - | - |
 木目調モチーフ
木目調

絵のモチーフに使えそうなので食器にしないでおこうかな…。
| 2017.11.22 Wednesday | | - | - |
 ゴッホ ポストカード
ゴッホ

片付けているといろいろでてくる。12月まで暖房出さずに電気ひざかけでいけるかな計画を立てています。12月までもし我慢出来たら、ガス代などものすごい差が出るので、できたとき楽しいです。今日は暖かい感じがしたけど。日中動いていたから半袖でいたし。
| 2017.11.04 Saturday | | - | - |
 ネコタソ
猫

自宅印刷で失敗して緑っぽく印刷されただけなんだけど、こういう色合いで日本画に起こしたいなぁ…と思っていたのを忘れていた。
| 2017.11.01 Wednesday | | - | - |
 芦雪(ろせつ)展
芦雪

芦雪

芦雪展に行ってきました。内容がよかったので図録を買ったりわりかし散財してきました。芦雪って円山応挙の弟子なんですね…。円山応挙展一応行った気がする…記憶が薄いけど。そんな昔じゃないのに。

禅の開祖って達磨大師だったんですか…?よく知らないんだけど、そして割と禅は自由らしい。大原の乙女みたいな絵があったのでベニシアさんの番組を思い出しました。(確か、山を越えて薪などを売りに行く)

芦雪 wiki

どんな面白い絵を最終的に描くような人でもみっちり写生などの基礎ができていますよね…。でもこの人基本的な繊細な日本画がプロとしてできるのに現代みたいな動物が全部画面におさまってなくて

ドカーンとドアップで描いていたり、すごいです。だって形式的に乗っ取った方法で描くのが当たり前の時代だと思います。若冲もちょっと名前が出ていたけど。若冲もわりと伝統を重んじない派な感じですよね。若冲展行ったことないですが…。芦雪さんの犬がとても可愛らしい。
| 2017.10.27 Friday | | - | - |
 案

案

 

裸婦デッサンをしたあとそこからデフォルメした案をだすっていう作業です。自分で描いて、先生がいいのを選んでた。これをきちんと四角から見た断面図でどうなるか起こして大まかに木を削って木彫りします。断面図もありますが載せません。

 

木彫り

 

木彫り

| 2017.10.24 Tuesday | | - | - |
 芸術演習(?)
芸術演習

なんだろうこれ、明らかに自分で作ったけど覚えてない、芸術演習?

ノート

卒業してから1年休学して1ヶ月で体力が持たなくなっただめっぷりだったけど、一応それまでみっちりノートは残っているので再起や転職には役立つことも書いてある気もする…

デザイン系はある意味実力次第なので、それなりに勉強すれば新卒縛りとかでなく、ブランクがあってももしかしたら大丈夫かもしれない。少なくとも暇でやる気があるなら勉強してもいいかもとか。福祉住環境コーディネーターなんてあったんですね。ノート捨てなくてよかったです…。

今だからたいして仕事してなくてもわかってくるんだけど、プレゼンテーションなども、中身あってのことで、自分の引き出しがスッカスカだったらスッカスカなプレゼンしかできない。

わたしは卒業してからプレゼンテーション演習の中身自体が頭に入らない状態だったのでやめたんですが(ただの昔の芸術家のプレゼンするだけなのに当時は頭に入らなかった)、

中身が濃いものか薄いものかの違いというのはただ、新規のデザインがポンポンでればいいんじゃなくて、歴史的な伝統工芸からなにから、なんでも自分の中に吸収して牛のように反芻し、醸造したようなところからでたデザインをださないとだめなんだろうなとやっとわかってきたので、これから勉強します。

広げればきりがないので楽しいですね。美輪さんとか本でずっと書いていらしたと思うけど、読んだだけでスルーするのとなんとなくガッテン、得心するのは違うんだなぁと。また本も読んでみよう。
| 2017.10.24 Tuesday | | - | - |
 アクリル・油

絵

描きかけで放置していましたが20代の頃家に引きこもっていて描いていたのだと思います。最初アクリルでしたが油絵の具に切り替えた気がします。描きかけで、ジャン・ジャンセンさんという方の画集を真似ていますが、キャンバスは百均で200円くらいだったんじゃないかな。

油絵 技法

油絵も薄塗りありなんですね…よかった。今は薄塗りしかしてないです。薄塗りの欠点は鉛筆描きしたら下描き線がいつまで経っても消えないことですね。油絵の薄塗りって思いのほか透明度が高くてきれいだと思います。絵具ジャンジャンなくならないし。

油絵

なるほど。オイルの種類なんて一種類しか使ったことないのでしらないですね…よくわからないから買えないです。習ったほうがいいのかな。好きなように描いている分には先生は今はいらないんだけど、それなりにきちんと描きたいとき、独断と偏見が大きくてどんどん方向性を自分より先に決めていく先生でもだめだし、好みが違いすぎても違う方向へ持っていかれるし、今では先生選びが難しいような…。

油絵





ボブさんみたいな軽快な先生がいいですね…。この番組、ひきこもり時によくやってたなぁ。ぼーっと見てただけですが。絵描いているからわかるけど、ボブさんみたいに下描きなしでやれるのは相当経験を積んでいるからだと思います。
| 2017.10.18 Wednesday | | - | - |
 ピエロ
ピエロ

描きかけで終わっているので中2の時最後に描いていた絵だと思いますが、わたしがやっていた絵の教室では伝統的に茶系の絵具で下塗りしてから色を付けていきました。でも別に茶系に決めなくてもいいらしいですけどね…。鉛筆で下描き、フキサチーフ、茶系塗り(多分技法の名前がちゃんとあるけど知らないです)、色付け。

正直中学生になると自分の嗜好が明確になってくるので、アンティークの陶器のピエロも決められないから先生に決められただけで描きたくなかったです。

アジアンテイストとかのものがちょっとでもあればいいのになぁと思うけど、ヨーロッパ調のアンティークでひとつも描きたいものがなくて、わたしはなにかやる気がなさ過ぎて、おかしいのだろうかと当時思っていたけど、好みの問題ですね…。絵は茶系になっているけど、実際の陶器はわりとファンシーでカラフルだった気がします。

小2くらいからなにやってたかよく覚えてないけどずっと通っていたら中学の時一番古株だと言われてました。絵だけで完結するわたしみたいなタイプはあまりいませんでしたね…。わたしは中途半端なクオリティのガラクタが家に増えるのがいやなので高学年くらいになると、工作やらないで絵だけかいてました。しかも話し相手がいないのでひたすら描くだけでした。
| 2017.10.18 Wednesday | | - | - |
 リキテックス
リキテックスというのはアクリル絵の具なのですが、短大で購入必須の時、高っと思ったけどテクスチャの柔らかい?ソフトだったりずいぶん安く買えるなという印象。今油しかやってないから買わないけど…。
| 2017.10.18 Wednesday | | - | - |
 油絵
油絵

そうか…選挙権がある10代よりも、20代・30代の投票率のほうが少ないらしく、そりゃぁ票をいれてくれる層への政策面での優遇が厚くなるだろうし、どんどん政策面でもスポイルされていくのある意味納得。

粛々と、投票に、行こう…。投票に行かないというただその行為が、自動的に誰かの旨味になるし、その上その人たちの影響で、票を入れなかったことによって自分がかなり損する結果になることにはそろそろ気付かないとなぁ…。

投票権の年齢を下げる効果はよくわからなかったけれど、学校で指導された子の割合が多いのかもしれないし、意識が高くなるみたいで、それはいいことだなぁと思います。

とと姉ちゃんで片桐はいりさんが「青鞜」のことを説く先生役だったと思うけれど、本当にああいう先生から授業を受けたいと見てて思いました。一応自民党って自由民権運動からの流れからきていると親が言ってたけど、それってそもそもなんだったんだろう…というかんじで、影も形もないような…。

「青鞜」などの活動の歴史からの流れをくんでいる政党もあるみたいですね、親情報ですが。最初のルーツだけでその後のことは生きてないか子供時代すぎてどう推移していたかわからないんだけど…。
| 2017.10.16 Monday | | - | - |
 絵を描いていたわたしが親に言われたこと
油絵

油絵

子供の頃から絵を描いていたけど、わたしの油絵を見て親が言ってたのは、「先生が描いたみたいな絵だね」と、暗に「個性がない」と言いたげで、子供の頃からディスる形しかとらない母親でしたね…。

父親に至っては子供が絵を描いているなんて知らないんじゃないかな。興味ないのだろう。仮に子供が「先生のような絵」を描くのなら、本来それが自分の子供の個性だと尊重しなければいけないのだろうに。

個性的だけどそのものに似ていない絵を描いたらそれをまたうまくないとどちらにしてもディスるだけしか能がない人に結果的になるだけでしょうに。どんだけ子供対してにないものねだり無限地獄を課してたんでしょうか。
| 2017.10.09 Monday | | - | - |
 2013
芍薬

葉っぱをめっちゃ適当に描いているなぁという感想しかわかない。もう花で力尽きているのだと思う。日本画だと葉っぱを薄墨で描いたり、あえてどこかを抑えてどこかを映えさせるというのを意図的にやったりおそらくあるんだろうと思います。
| 2017.10.05 Thursday | | - | - |
 下塗り

油

 

油

 

油

 

油

 

油

| 2017.10.01 Sunday | | - | - |
 仮縁
仮縁

早く寝たら早く起きすぎましたが…。50号の額でこんなにコンパクトだったらFだけじゃなくてPもいけるし、もっと大きい額も買えそうです。ひよっこちゃんと見てないけど、和久井映見さんが可愛らしいです。
| 2017.09.27 Wednesday | | - | - |
 ファッジ

ファッジ

ファッジの表紙でリハビリしてみますが一瞬でやめます。めちゃくちゃ疲れていて昼間から寝ていました…。年賀状でもデザインしようかな…わたしはわりとデザインを構成するというのは相当本物の写真などがないと難しいかったりするので、

 

動物園とかで写真撮りまくってくる必要があるっぽいです。来年の干支はえーと。わたしはキャラクターみたいにデフォルメするのが苦手なので犬は難しいですね…。犬ってリアルに描くのも難しい気がします。猫のほうがまだいけるけど干支にいない。

| 2017.09.25 Monday | | - | - |
 アクリル画
アクリル画

アクリル画

これは塗りすぎておかしくなったので捨てちゃいました。
| 2017.09.24 Sunday | | - | - |
 道具
道具

油絵の道具です。パレットにつける油壷をプラスチックのものにしていたらフタをしたのに油がなくなっていくので、金属製のものを買って。ファンの筆がとても高いことを忘れていた。大切に使わないと…。

うっかり洗い忘れると固まって使えなくなる。気付いたんですが、細かい筆に持ち変えるといつの間にか細かく描き込みすぎてしまう。でかいですが溶き油も買いました。
| 2017.09.23 Saturday | | - | - |
 アクリル画
アクリル画

アクリル画

自分の絵がなにもかもできそこないに見えていたので捨てちゃいました。
| 2017.09.22 Friday | | - | - |
 2007
2007

カラーインク
| 2017.09.22 Friday | | - | - |
 油絵
油絵
| 2017.09.15 Friday | | - | - |
 紙パレット
紙パレット
| 2017.09.15 Friday | | - | - |
 油絵

油絵

 

油絵


セザンヌ 画像

暇なときめっちゃ見てしまう。その時描いているところと同じような場所だと、だいたいどんな色を混ぜているか色の強さはどの程度かより想像がつくので。

遠くから全体像を見つめると足りないのはわかるけれど、何を足せばいいのかというのがいまいちわからないのでまだ経験が足りないのだと思う。描き続ける経験を積まないと多分感覚で描く精度が上がらない。

マーニーの油絵を描いていた女性の絵は正直に言うと確かに本人がおっしゃるように若干色がとっ散らかっていましたね…。自分の腕を棚にあげて言ってはいけないのですが。おそらく目立つ色を全体に散りばめろということではなく、影に使った色やもしくは中間色というか、具体的にどうするかは結局自分で考えるんだけど、

何かしらの色を絵のどこかに全体的に使うと一体感がでるのだと子供の頃言われてたことを思い出しました。結局そういうことは習わないと教えてくれないのでそういう意味でも習ったほうがいいとわたしは思っていますね…今はわたしは先生の言っていることに振り回されそうなので、自分で考えて絵を描いています。
| 2017.09.13 Wednesday | | - | - |
 柿
柿
| 2017.09.10 Sunday | | - | - |
<new | top | old>