今日の空

空

MOSって受験料めっちゃ高いですよね。一発合格しなくちゃならないしコスパが…と思ってしまう。学割が効くというととってもいい気がしますが。無駄にカラーコーディネーターとか取った事あるけど(3級なので大した事ないです)、

デザイン面では自分自身の感覚的な配色優先で資格の知識を使った事まずない気がします。絵などじゃなくて本当にデザインの仕事をやる人がいまいち色が決まらない時にはある意味役立つのだろうか。

3色配色に使うときの合いやすいパターンが決めやすくなる…とかやっただろうか。意味があると思わないと後になっても覚えておけない暗記力がないタイプなので、全部忘れてしまい何も覚えてないですし。

webデザインとかでどんどんデザイン数をこなして色を決めていく人とか、生地のパタンナーとかで色を決める時には役立ちそうですね。た、多分…。DTPとか。資格があるとか関係ないと思いますが、ジブリでも配色のセンスが突出してある人が絵の配色をお決めになるようですし。

webデザインになると多分、配色が細かい数字とアルファベットを混ぜたものなので、結構微調整が大変なんじゃないかと思います。自分だけで無料でやる縛りを作って楽しみながら実験的に作っていた時はこの色と思って配色として打ち込んでも、実際には色の一体感が出ないことの方が圧倒的に多くて、微調整が大変でした。

今はないのかよくわかりませんが、パソコンに絶対入っていたメモ帳のソフトで普通に文字列を打ち込んでサイトを作ることもできましたしね。CSSとかいろんなのが出てきてよくわからなくなってはきたのですが。

CSSで色を決めるのは簡単になったけど、色合いを調和させるとしたら案外とても大変というか。メモ帳からHTMLを作ったり。高校の頃とか無駄に暇だったので無料でどこまで自分でできるかとか、そういうことをやっていた。今はPCにメモ帳が入っているのかもよくわからないけど。

HTML wiki
CSS wiki


なんかもう時代遅れっぽいですが。私の場合細かい決まりはきっちり覚えられないので無料ソフトで形を作ったら、微調整で色を変えるなど、文字列を個別にいじるくらいでした。今でもブログを書くのに<br>くらいは覚えているので使っています。<br>は改行ですね。もう今は自分でサイトの骨組み構築しなくてもブログを立ち上げるとかすればいいので。

| 2018.09.08 Saturday | 日記 | - | - |
 フリーランス
勉強してからじゃないと、何も申告しないでいて追徴金加算とか結構大変そうです。本屋さんに援助したいという気持ちがあれば本屋さんで買ったほうがいいと思いますが、amazonなど一つの場所で買うと決めておくと、ポイントがつくことが多いので、ポイントで金額を少なくできたり便利です。ポイントは中古の本の時にも使えてたまに実質0円で買っていたりします。買っていつでも読めるメリットは、思い出せない知識がある時、借りに行く手間がないとかもありますね。
| 2018.09.08 Saturday | | - | - |
 ライフプランの本
厚生年金に入っている方でそのまま働き続けると将来年金がいくらくらいになるのかというのも確か載っていたと思います(この金額に決まっているという保証はないかもしれませんが)。国民年金よりずいぶんいいですが、1人で生きていこうにも、思っていたほどではなかった…見た感じだとやはり、老後が心配だと働き続けても、老後的には老後も何かでずっと働くor貯蓄必須ということみたいです。

フリーランスになるとして、簿記の知識もあったほうがいいと、色々本を読んでいると書いてある場合があったり。お金や税の申告などに詳しくなっていないといけないみたい。色々やることがたくさんありそうです。

簿記なら無料ネット講座があったり、それほど取るにも数万単位ではお金がかからないような…。ずっと前なんとなく取ろうかなと思って放置していました。FPとかも必ずしも資格を取らなくていいから勉強くらいはしたほうがいいんじゃないかと思ったりもします。漫然と生きているよりはお金のことって知っておいたほうがいい。
| 2018.09.08 Saturday | | - | - |
 ライフプランのつくり方
なんとなく考えていたことと同じような内容だと思うけれど、本当に子供を望む人は別に今結婚しそうな相手がいなくても婦人科に行ってみてもいいと思います。私自身は生理痛が酷いとかいつも通り根性で耐えるだけだと普通に先入観としては思っていたんだけど、医師に相談すると「(おそらく身体的な異変がある可能性があって)重要なことなので変化があれば教えてください」とか、場合によっては検査になるだろうし

多分将来妊娠の可能性としても勝手に考えてくれて、きちんと身体のケアを考えてくれたり、腹部エコーなどで子宮、卵巣などに異常がないか定期的に診てくれたり(妊娠する予定がなくても病気になっていたらすぐに治療できるので)、血液検査や体重の変化とか、行くだけでも健康的なケアになるし、だいぶ違うと思います。

検査でももし不妊に繋がるなど異常が見つかれば早期に対象法を考えられるのではないかと思います。生理痛ごときだと思っていても相談できると意外と重要だったとか、検査に繋がれるのは明らかに安心です。年齢的に異常はないか気になってなどの理由でも行って損はないと思います。知らないでとんでもないことになっていたらどうしようと堂々巡りしているだけより、検査してどうなっているか把握できていた方が安心です。

身体の内側のことなので検査してみないとわからない。何かあったとき早期発見早期治療や、自分の身体のケアになります。婦人科系の病気は私は把握できませんが、すごく色々ありますよね、チョコレート嚢胞なども聞いたことがあるし。病名でどういう状況か調べてみると怖いことが書いてあることが多いので、ただただ検査するのも怖くなるんですが、とりあえず異常がないか検査に行ってみたらいいと思います。妊娠出産以外に縁のない場所だと勘違いしていましたが女性にとってはかかりつけ的にも行った方がいい場所だと思います。

ガンは手術しないで温存した方がいいとか、よくわからない情報を一般市民が訳知り顔で知識を披露しがちなんですが(なんでだろう、同じことをいう人が結構いるんです)、基本お医者さんは最先端の知識を持っているのではないかと。

ネットで情報を得るにもヘルスリテラシーが必要らしく、正しいものかどうか確認できていない場合も多いので最初からネットの情報は本物だろうかと疑いながら。自分の親も、「生理はそもそも出血ではない=貧血にはならない」とわけのわからないことを堂々と主張し、あまりにも堂々と言っていたのでそうなのかなぁと信じてしまい、血の気が引くとか辛い状況にある私に医療につなげることをすすめず、誰かがそれは病院に行ったほうがいいと言ってくれたらずっと苦しまずによかったのにと思います。

私の場合、生理痛だとお腹を壊した時ような痛みなので、実際の食当たりも疑うし、痛みの区別がつかないというか。とりあえずそれくらい痛いです。毎月、食当たりくらいの腹痛からは逃れられませんが根性で乗り越え、日常生活を送りましょうということとほとんど同じです。実際はひどい時は痛み止めも飲んでいいと言われました。出産だったらそれを超える痛みでしょうし。ひどい生理痛もお医者さんにかかるといいです。何かの病気の可能性もあります。ボクサーに腹を殴られているような痛みと表現する人もいるみたいだけど、痛みの強さとして理解できます。大げさじゃなくて、ひどい人だと立っていられずのたうち回るみたいな感じと同じですよね…。しかもない人にはないから、大げさに言っていると全く理解されない。
| 2018.09.07 Friday | | - | - |
 ユニクロ

ユニクロ

 

多分去年買ったTシャツ。最近はほぼ衣類は必要にかられてしか買わないし、ずっといつもポロシャツとかボーダーを着ているような。あまりにもラフな格好だといけない場所もたまにあるので強迫観念にかられてTシャツでも普段着過ぎないのとかほとんど着ないでたまに着る程度ですが取っておきます。

文化的な場所でひとり自分のように普段着っぽい人がいると、ラフすぎて場違いで恥ずかしい時があるので。花柄は年が上に見られる境目とかかなり難しいですね…orz人によってもそれぞれ柄が似合う人似合わない人いると思うし何気なく買っても地雷化する場合の方が多い気がします。好きなんですが…。

Tシャツよりは花柄でも長袖シャツとか半袖もだろうけどそういう方がちゃんとして見えると思います。Tシャツはいずれダメになるけど、襟付きの綿シャツは持っていると本当に学生の頃からずっと着られるほど持ちますね。

| 2018.09.07 Friday | | - | - |
 今日の空
空
| 2018.09.07 Friday | 日記 | - | - |
 図書館活用
図書館にも規模があって、まず読みたい本が入っていない場合も多いです。その場合はネット予約すらできず、直接図書館に行って、書類申請し、2ヶ月程待つ必要があります。ネット予約や目当ての本が貸出中かどうか無駄足にならないよう、調べてから行くとかは蔵書がある場合はできますが、ない本をネット予約もできず、書類をわざわざ書き2ヶ月も待っていられないですね。

図書館横断ネット(県内の目当ての蔵書がある図書館検索する)などいろいろ方法はありますが、結局近くの図書館になければ、書類申請をして2ヶ月以上待つことが必要ですね。不便なところは本を読むにもそれほどには簡単じゃないですね…。

リクエストして図書館で買ってもらうという手もありますが、まず却下されます。子供の頃など、景気がまだ良かった頃はわりとリクエストは通りましたが、方針などが変わっているのかもしれません。なぜ2ヶ月くらいかかってしまうかというと、借りる先の図書館で先に貸出中ならば本が返却されるまでまず違う図書館に輸送しようにも、回しようがないからです。

それと、他の図書館から借りた図書なので借りるたびに、書き込みしてはいけない、汚さないよう大切に扱ってくださいなど、毎回注意を受け、元の図書館に返却する時にも司書さんが汚れや書き込みがないか入念にチェックしたり(事前にどこにどういう汚れがあるかあらかじめ記しておくなど)、1冊他図書館から借りるだけのことが、時間がかかる上にとても大変そうです。

私の地元だとなぜか図書館の本に線を引くなど利用者としての意識の低い人が多かったり、なんというか、借りるだけで線も引かないのに毎回注意されるのもしんどいです。他の図書館から借りた場合期限内に読めなかったらまた書類申請する必要がありますし。数年後に読み返したいと思ったら蔵書として存在していたのに、すでに廃棄されていたりということもよくあります。雑誌類のバックナンバーは当然廃棄されるとしても、普通の本もどんどん廃棄されていく。

それに最近は本でも雑誌でも買う余裕があるならばできる範囲でダイレクトに買った方が本の業界とか、その著書の方へのダイレクトへ届く資金になる気がするので、余裕がなく安ければ中古を買う場合もあるけど、電子書籍とか中古でない本も人が買わないとどんどん廃れますしね…。
| 2018.09.07 Friday | 日記 | - | - |
 更年期の想像
若い頃絶好調みたいな感じでも、必ず来るんですよね、男性でも。私自身はホルモンバランスで月の状態が全然違うので、どうなるか今から結構自分自身のことは想像がつくのですが。どんなに仲のいい夫婦でもどちらかが塞ぎ込んだり、病院に付き添うくらい調子を崩すなど、大小いろいろあるようです。年が上の人向けの雑誌とかでも目にします。

先のことばかり考えてもと言っても、先を読んで行動する必要は結構ある気がします。塞ぎ込むくらいだから仕事もなかなか思うようにならないかもなぁ、だから先々のことを考えて貯めておこうとか先のトラブルって対処法があればやっておけばいい話なので。

どちらかがうつになっている人も結構いらっしゃるなぁとか。行き当たりばったりで生きていたら子供の学費とか給食費、制服代などカツカツになったり。中学が制服だと制服代だけで10万とかいう話もあるし。お下がりをもらう手もあるかもしれませんが。学費が年いくらとかいうのも年が上がるにつれギョッとするくらい高い。学費だけの話で食費など、生活費が含まれていないですし。

多分子供の場合、小さい頃より成長するにつれて雪だるま式にお金がかかるから、小学生のうちに中・高合わせての制服代仮に20万なら20万とか1年分の学費とか、定期代がかかるとしたらとか、降ろさない通帳とか作って小さい頃から貯めた方がいい(鉛筆くらいなら薄く書き込みして何のためのお金なのかとかわかるように)、明らかにその時になって慌てるより精神的にも楽です。

習い事とかもさせたいならそれ以上に事前に貯めておいた方がいいだろうし。ざっくり毎月定額貯めていくのもありなんだろうけど、不安な人は何にいくら必要・使いたいからその金額ごとに事前に貯める方法もありなのかなと。先に本当に降ろさないと決めたら、残った範囲内でしか使いませんし。

先取り1年分くらいを目標にしていたら安心ですよね。家賃半年分とか一年分とか、車の維持費を前の年のうちに先取り貯金とか。貯金ってなんとなく漫然とあるより、一番必要なことに払う予定で個別に考えた方がわかりやすい気がします。

家賃は最悪1年持つから、絶対降ろさない場所にプールしておく、あとこれだけ収入があればひとまず生きていけるとか、何かが崩れた時具体的に必要な差し迫った金額がわかりやすい。個別に家賃はプールしているから追い出されないし大丈夫という精神的な支えにもなったり。

そういう時、一年つけた光熱費とか家計簿はそれなりに便利だと思います。ガス代・電気代も波があるけどだいたい1年になると1年合計とか平均額がでるので。1年つけると生活スタイルがそれほど変わらなければ劇的な変化はないような感じです。
| 2018.09.06 Thursday | 日記 | - | - |
 サバイバルファミリー
観てないのですが、停電がまだ復旧していないし、これからもこういうことはあるんだろうなと。食料の備蓄なども必要ですね。こちらの方も停電した時いかにPCに情報依存していたのかとか、エアコンがこの時期に動かないとアウトだなとか。テレビも電気がとまればつかないので情報源として使えないですし。災害の時はリアルタイムで避難準備情報や警報などが即時表示されるのでテレビはできればあった方がいいと思います。でも本当の時は役に立たない。
| 2018.09.06 Thursday | 音・DVD | - | - |
 コンロ
コンロ

セスキ水をスプレーで噴霧して、少し時間を置いてから、たわしで全体をこすって、汚れを雑巾で拭き取る感じですね。

熱田神宮にバイトで派遣されたことがあるんだけど、あれは何だったんだろう…。友達たちに誘われて短期派遣バイトに登録したような。バイトって普通、自分がやった経験では弁当ひたすら歩いて配りまくり(何時までに出荷など決まった時間までに配り終える必要があるので)、家に帰ったら倒れこむくらい疲労している肉体労働系とか、スピードが求められる仕分けだったので楽なバイトを逆に想定していなかった。

楽なわりには高いバイトもあり、辛いバイトは時給が低い。でも体を張ってバイト入れまくってみたら高校生でも1ヶ月で10万円くらいになった気がします。家族に焼肉をおごったくらいで自分で使わずに取っておいたり。お金を使う趣味がなかったので。高校生の頃何回か年末年始の郵便局の年賀状仕分けとか…でも作業が終わったらすぐ帰らされたり働く時間を減らされるなど(その分稼げない…)。

時給はいくらだったか覚えていない。人によって適性っていろいろあって、スピードや細やかさを求められるコンビニバイト、レベル高そうだなとかいろいろ感じます。スピードを求められつつ臨機応変に行動する適性がないのでコンビニとファミレス、スーパーのレジなど飲食業とか誰にでもできるという人いるけど、私には大変そうに見える。ただ、スーパーのレジは自動でお釣りが金額分出て来るところが多く、だいぶ働く人にはやりやすくなっているような。カードで払う人とかお金で払う人とか、いろいろ大変そう。

年末年始とかは強い風が向かってくるし、クソ寒いけど雨だろうが何だろうが自転車で行く間の方がむしろ辛いですね。外回りの仕事はとても辛いのではないかと思います。高校の頃は私の学校は働きながら来る人が普通なので、働かなくちゃという焦りの方が勉強よりありました。別に金が欲しいわけではなく。
| 2018.09.06 Thursday | 日記 | - | - |
 自分
https://mbti.jp/infj-relation/

何でバレンタインデーはとか実は確かにそう思います。クリスマスに異性といる必要性とかも疑問というかちょっといいご飯食べて美味しかったねとかはイベントとしてありだと思うけど、親しくないうちからそこまでディープに型が決まってると逆に重たいし、

結婚式とかも相手が形にこだわる人だと合わないというか、した人に対しても意地悪とかではなくて、祝福する気持ちはあっても、とてもじゃないけど、自分の場合、永遠の愛なんて軽々しく口に出して皆の前で誓えない、嘘になってしまうかもしれないからと思ったりします。

もし相手がいるのなら私の場合特に人前で誓うよりは日常の生活をちゃんと大切にしたいような。人にお披露目する必要性を特に感じないです。二人で神社にお参りするというのはわかる気がします。でも関係ない他者に対しては約束できないです。

バレンタインもクリスマスも結婚式も形を最初に決めてやったらただの形だなぁと思います。形を決めてやっても多分それに酔うことができないというか。家でご飯作ってテレビ見てるだけとの方がよかったりとか。高層ビルの高い食事とか特に興味ない…というか高級な雰囲気に馴染めなくて多分楽しめない。誘われるなどの最初から憧れもないのでぼっちになっている。

実際にうちの両親、病めるときですら愛し助け合ってないです^^;私は誓えないなぁと思います。決意とか覚悟はしても人前では誓えない。それくらいその誓いってけっこう辛く、重いことな気がして。若い時はうまく行ったら楽しいと思います、でも長く生きてたらそうはいかなくなる。

多分、相手に依存し、助けられるのではなく、見返りが特にないのに助けて助けて助け続けるみたいなこともなる覚悟はいると思います。実感としても人生の後半戦は誰でも負け戦とおっしゃっている方もいますし。だから泥舟で一緒に沈んでもいいくらいと思える相手と結婚した方がいいと思います。

結婚て一緒になったら楽になって人生うまくいく想定じゃなくて、何かのきっかけで沈みそうになっても頑張ったり踏ん張るようなことな気がします。いい時期ばかりではなく、その時期がどんなにいい相手でも必ず来るよっていう。
| 2018.09.06 Thursday | 日記 | - | - |
 オリヅルランとポトス
オリヅルラン

今度はシャコバサボテンをモリモリ育ててみたいなぁという欲望が。子供の頃何これ、トゲトゲして可愛くないと思っていたのに、何故なんだろう。植物にハマるのは…。育っているのも経験というか、めっちゃ適当。水が欲しそうだなぁと思ったら水をやって(完全に土が乾いたとかが条件)、日に当てる。

だいたい枯れた理由も土が雨に濡れすぎて雑菌などでダメになっているんだろうとか、根詰まりかとか、経験から分析できるようになります。ポトスは今まで環境が悪かったみたいです。日に当たりたかろうと過酷にしすぎていた。若干マイルドに当てた方がよかった。
| 2018.09.05 Wednesday | 植物 | - | - |
 大原さん
舐めたタイトルだと感じる人も多いのかなぁと思うけれど、読み始めました。共感する箇所が多いです。自転車ではなく歩く方がいいとか。下手に近所にまで車で行くくらいなら車やめてみたらいいのにと感じることも多いです。学生の頃自転車を飛ばして最寄駅まで行ったり、時短を心がけていたけど、すごく勿体無いことしていたなと最近は感じます。時間が倍かかっても徒歩はすごくいいです。身体が自然に作れるのでフットワークが軽くなります。夏はなかなか出る気になれず、身体が鈍ってきました。
| 2018.09.05 Wednesday | | - | - |
 お手紙一枚
友達にお祝いを微々たる額をお祝いに贈ってもだいたい全返しくらいの品でお返しが来るような…。お手紙一枚で十分だと本当は言いたい…。子供って大変ですよね。2歳くらいになると自我が出て来るのかなぁ。子育ての比じゃないだろうけど、聞かん坊的な犬がずっといたので思う通りにならない大変さは多少はわかるんです。

ちょっとトイレに行ったり目を離していたらテーブルの食べ物がなくなっていたり。ゴミ箱を漁るなど。歳をとって元気がなくなった分落ち着いたら、それはそれでさみしかったり。一匹になったらなったで一人は寂しいと主張するし、だからと言って同じ部屋にいると落ち着きがなくってきて外に出たいとぐるぐる回りだして落ち着かず主張、騒がしい。

そのまんまで色々叱っても落ち着かないまま大人になる、犬だから…。何となく今だからわかるけど、しつけどうこうよりも、散歩しても消耗せずむしろ健康になって元気が有り余っているタイプの犬なんだと思います。子供も元気だから主張も激しいのかも…。

無駄に元気すぎる犬だったので、気が乗るとティッシュの箱をあげると歯でちぎってバラバラにしたこともあります。小さい頃は鉛筆でも何でも見つけたのは噛み跡ついているし、椅子も噛み跡だらけですね。大人になったらこれはやらなくなったのですが。歯がムズムズしているのかなぁ。
| 2018.09.04 Tuesday | 日記 | - | - |
 プリンセス・トヨトミ
amazonプライムでやってました。
| 2018.09.04 Tuesday | 音・DVD | - | - |
 豆苗
豆苗

また育てた
| 2018.09.04 Tuesday | 植物 | - | - |
 かぞくのじかん
明日発売のようです。台風で避難勧告出ている地域もけっこうあるけど、この風雨のなかで避難…。きついですね。基本引きこもる前提で暮らしていたんだけど、正解だったような気がするのが、本など引きこもれる材料を家に持つことです。

図書館が充実していなかったりすぐに取り寄せられない事情があれば買ってしまった方がいいし、家が災害でつぶれない限りは家に本があるので飽きない、レジャーで外出しまくる生活だと車に費用もかかるし、アクシデントで足止め食らってとか外にいると外食や宿泊費など余計お金がかかりますし。

最近はだんだんDVDを借りに行かなくても家ですぐに観られたり充実していますしね。若い世代の子もこれだけ災害が多いと家に引きこもっていながらに勉強ができる手段もおかしい手段では決してないだろうなと思います。

実際30分以上かかるようだったら行き来しなくてもできる方が本当に楽ですね。何度も反復して授業を受けられたり、デメリットは人と会話しなさすぎ以外にあまりないような気がします。学校に行ってた頃は逆に私語が多すぎて授業が聞き取れなかったのでよっぽど集中できていいと思います。実質、移動が少ないと定期なども必要最低限とか、支出は削れます。下宿とかも必要ないですし。
| 2018.09.04 Tuesday | | - | - |
 今日の空
空

やっぱりブラック企業にひっかからず働き続けられる独身の人けっこう最強なのではと思います。不確定要素がだいたい自分の健康と仕事の先行き、結婚して楽になるかというと不確定要素の方がずっと増える気がする。

自分と相手の健康、仕事、子供が生まれれば子供の怪我や病気、仕事をやる上でも仕事ですら不安定にはなりますし。年上の方と話していて、ある程度の年齢で相手がうつになって休職しているという話もそんなに珍しい話ではないです。

体力も衰えるとある程度精神的にも負担がかかるのかもしれませんね。それでも待っていてくれる勤め先の場合はいいですが(年上の人の職場はそういうところは多いようです、復帰もできる)、多分若い世代の人だとそういう恵まれた仕事先にいる人の方が珍しいような気がします。

安定している人の方が少ないので別に脱落してもそんなに珍しい話じゃなので自分で腐らなければいいんだと思います、私の場合最初から躓きまくって土俵に乗れなかった人です。
| 2018.09.03 Monday | 日記 | - | - |
 冷しゃぶ
冷しゃぶ
| 2018.09.02 Sunday | | - | - |
 今日の空
空

スピリチュアルなことにすがれば病気が治るというのは普通にインチキですよ。基本ちゃんとした人だったら病院で診断や治療を受けてくださいと言って、何度も通わせたり依存させないのではないかと思います。

カルマがどうとか考え方が悪かったからとか無駄に考えのドツボにハマる必要はなく、ただ治療すればいいのではないかと思います。誰でも普通に病気にはなります。別にスピリチュアルに詳しくなろうが基本病気にならなくはならないです。普通に家族や周囲にいる人が全員健康で誰かが病気になると悲劇的に感じたりはするのかもしれないけど。病気って災厄とかではなくて、なる時はなるもの。ガンですら2人に1人はなると言われる時代ですし。

症状が苦しい時に一刻も早く改善したいという気持ちはすごくわかるのですが、そこは医療の領域だと思います。わたし自身はスピリチュアル関係の個人的に1対1でやりとりするような場所には行ったことはないのですが、誰が、何が真贋なのかすごく常に警戒感はあるというか。

医師だと思いますが、医療従事者以外の領域の者が病気が治る治らないなど断定したり、治せますとしゃしゃり出ることも違法なようですね。医療従事者以外の人は病気に関しては基本、専門外ということだと思います。普通にインチキがまかり通る世界のようですが、本物は本物だと思います。インチキの方が圧倒的に幅をきかせられるようなのですが。基本、病気は病院で治療です。

何が原因だったんだろうとか考えてる暇があったら定期的に通う必要があれば病院に通い、健康に気を使った食事などや生活習慣を淡々と続ければそれでやるべきことは全部やっているのではないかと。よくわからない情報で不安を増幅させることもあるので、インチキには耳をかさず、病院治療や無理をしないで休養、生活面とかを丁寧に続けるとかシンプルでいいと思います。

何が原因だったんだろうと思って考えても、自分ではわからないし、わからないことを延々と考え続けても無駄になってくると思うので。人に尋ねてもその人がインチキだったら普通に嘘ばっかいうだろうし。インチキの方がむしろ多いかもしれないですし、病気治療が手遅れになるかもしれないので病院の方を圧倒的に優先しあと無駄に考え悩まないでゆったり休む。

そういう時は知識を広げようとしすぎないで(振り回されて時間が勿体無いので)病気の医学的な治療面の知識を優先した方がいいのではないかと思います。症状が改善してきたら、自分のQOLを今度はどう充実させられるか自分がしていて楽しいことが何か自分で考えたりでいいんじゃないかと思います。

私はひどいめまいも何年かに1度ひどいのがきて起きてても寝てても気持ち悪くて休むに休めず、死ぬかもくらい辛くて慌てる時があったので、そういう時にすぐにでもどうにかしたいという気持ちがわくのでわかるのですが、結局、症状は徐々にしか良くならないです。実感するのが、症状の辛さで焦って動きまわるよりは病院で診断を受けたら休みがちにした方がいい、ゆったりして頑張らない方が良かったみたいな。

個人的には困ったことがあったらそういうスピリチュアル関係の場所に駆け込むとかも騙されたりドツボにはまる可能性が高いのでやらない方がいいと思っています。あとで考察していくくらいしかしないです。私自身は困った時に行くような駆け込み寺的な場所を持っていませんが、手当たり次第に通って、怪しい物をプレゼントされている人とかたまにいるんですね。お金も病院で使う分、大切にした方がいいと思います。

認知症になった人とかを見下している人もいるけど、長生きした場合だいたい自分自身もそうなりますよね…。病気は治るものもあるし、それによって死に至る病気もあるけど、死が平等なように様々な病気もどこかの時点で受け入れる必要があるものだと思います。治らない、死に至る病気にもなる時にはなるけれど。小さい子がいるとかだと余計苦しくなったり今後のことでパニックになったりもあるのだろうけど、病気って本来は誰にいつ何がくるかわからないものだと思います。
| 2018.09.02 Sunday | 日記 | - | - |
 ポークチョップ
ポークチョップ
| 2018.09.01 Saturday | | - | - |
 今日の空
空

絵でも描こうかなぁ…。9月になってた。
| 2018.09.01 Saturday | 日記 | - | - |
 父親
高校の卒業式に友達の同級生の子のお父さんが来ていて、「あなたが◉◉さんですね。(話は聞いています)」みたいな風に挨拶されたので、そんなお父さんがいるんだなぁとびっくりしました。子供のことに関心を持つ親御さんと言うのが私には信じられないんですよ。

高校の時には父親を家で見たことないような。どんな家なのかと思うかもしれませんが…。動画とかでも泣く子の話を聞く父親像とか映っていても、フィクションみたいにしか捉えられない感じ。

父親が家にいた記憶が自体あんまりないので、家で家事をやるお父さんとか聞くと、想像できないけど、すごいなぁと思います。私自身は父親を恨む気持ちはないけど、父親としての苦労を全部放棄してきて、たまに会っただけでやたら父親面していた親に対してイラっとしていましたし、今もいい親気分でいるんだろうなとは思います。

気持ちとしては私にとっては自分の父親、超絶どうでもいい存在です。よく知らないおじさんみたいな。子供のことを考える親御さんはいい親御さんなので大切にしてあげてくださいという感じです。わたしにとっては父親と言っても、ただの知人よりも遠い、他人ですね…。

亡くなってもどう思うかわからないです。時が経つにつれ希薄な存在になる。それくらい接点がなかったので。あちらにも情がないだろうし。知人の方が亡くなったら悲しいと思います。クソ野郎と言ってますが客観的に考えると明らかに親や家族の一員としての行動じゃないだろうと。親と言っても感覚的に遠いので生きていても死んでいてもさほど関心を持てないです。誰に対してもそうではないですが、父親に対してはそうです。

思春期の頃とかはやっぱり憎しみとか殴ってやりたいとか、いろんな気持ちが湧いていたんだけど、大人になった今そういう気持ちもなく、あまりにも接点がないので薄い存在というかいるのかいないのかもう認識も薄い。

自分には父像はないけど、どういう父親がいい父親なのかはだいたいわかる気がします。子供の気持ちを考えて子供と会話しようとしている親御さんはちゃんとした親御さんだと思います。例えば何かの失敗や病気など、子供が傷ついているか、何かに苦しんでいないかとか、何を感じているか、そういう、目に見えていない部分を感じて目を向ける人。

ただ失敗したことや病気になったことを事実関係とだけ捉えるのではなく。ちゃんとした親だったら、それによって子供が何を考えているか感じたかを想像しようとする。わたしの父母と全くそういうタイプじゃないので逆にわかります。そういう失敗などが子供がどう感じているか自然に引き出せるよう何気なく本音を聞けるようにそばにいるとかそういう感じなんじゃないだろうか…。機械的な親だと問題があったら問いただすとか叱りつけるだけして、子供の後の心にはまず注目しない。

というか親が子供がやったことで自分がどう周囲から思われるかしか頭回ってないですよね。子供の心がわからなくなる境目って、子供が何を感じているか子供の頃から感じ取ろうとして来なけりゃ自分の子供がどういう行動パターンを取りがちなのかも全く読めなくなるだろうし、信じられなくなるんじゃないだろうか…。習慣がなければ表情ではわかりづらくなる思春期あたり、異変に気付くはずもないだろうし。

でも親が両方無関心でおかしくてもたまに会って拾い上げてくれようとする大人がいるだけでも全然違うんですけどね…。友達のお父さんのような人がわたしは知らんけど世の中にはいるんだな、と肯定的に見られる気持ちがあると違ったりもするし。わたしの場合、平日学校行かないしほぼ一人ぼっちで常に高校の頃過ごしていたけど、中学の同級生のお母さんと同じ高校で会った後、週1くらいで勉強を教えに来てくださっていたので。

実の親は子供が日中に何してたなんて興味ないです(高校生にしては暇だと思うけど、当時グレて金髪になるとか、夜遊びなどという発想も特になかった)。他人との関わりが子供に必要という視点もないので、そういう役を買って出てくださることに何も感謝もなく、親は同級生の子のお母さんと今になってさえも、ただの一度も会わないですますみたいな…。理解しようと思っていたけど、両親とも今感じるのも、薄情。そういう人って外面いいですよね。
| 2018.08.31 Friday | 日記 | - | - |
 今日の空
空

体調の悪い人といい人の違いがわかると、特に理由もないのに働かないとか、よくわからない…。見た感じは普通に見えてもすごい体調がよくない日が続くとか、私自身も毎日のように不調を訴えると周囲もうざいだろうなと思ったので体調が悪いくらいで自分からあまり愚痴を言わないので。

体調がついていかない人に働けと圧をかけるのが酷なのも私がそうされてきた過去があるからわかるし、体調不良でもなんでもないのにあえて何もしないってむしろ苦しくならない?と最近思います。

私は学校卒業した次の年に入院してその後親から圧をかけられまくって、学校の上の学科を中退したら責められた後、週5で5年間くらい通うような職の技能をつけるとこに行こうとしてました。それじゃまた調子崩すなとどこかわかっていたけど、人の体調なんて顧みないみたいなそういう人が家族だと辛いです。

今は体調崩したら、まず身の回りの家事などを休み休みできるようとか、それプラス遊びとか喜びを感じること…散歩とかでもウィンドウショッピングなどでもいいし。それで回復してきたら徐々に広げていけばいいんじゃないかと思います。

一番害だと思うのが周囲の不要な叱咤激励。本人だいたい言わなくても何かしなくちゃとか、タイミングなど今後のことに相当悩んでいるし、なりたくて調子崩す人なんていないんですよね…。なんで調子悪いのかなんて自分でも説明できないのにたいてい調子が悪いことが事実なのに、周囲から怠けていると言われて余計に苛立ち、ざわつく。

元気も回復するっていうけど、私に限っては元気にはならないのかもしれないなぁとずっと思っていました。自分でもなぜ元気がないのか説明できないのに、その人自身が体調が悪くないと想像ができないのだろうけど、根性論みたいなの振りかざす人多いですよね。反論しようもないから黙っているけど、もやもやしか残らない。

別に働いてないからといっても、親が5回くらい…数えきれなくなってきたけど入院もしててその度にお見舞いに行くなどしていたし。ガンの手術とか透析のための腹腔鏡みたいなの(透析には腹膜透析と血液透析があって、お腹だと腹膜透析…腹膜透析はだいたい5年くらい可能)とか。今年も急に。その度に自分が調子が落ちてない時でよかったなとギャンブル要素を感じるんですよね…。

シャントを作る手術の時もありましたし。もう入院してたかどうかとか記憶がなくなってきたけど、シャントでも日帰りじゃなかったと思います。血液が通るように成功したかがわからないから日帰りではないような。失敗する可能性もあるものなので。がんの影響で反対の腕に作るのが難しい状態ではあったのでなかなかハラハラしますよね。失敗も考えると。

首か足…だったか…から取るなど色々方法はあるようなのですが。でもまぁ、シャントを作ると腕ですらもなかなか痛々しいですね。実際部分麻酔だけど術後に本当にゲッソリしてましたし。部分麻酔といっても腕が切開とか色々されてるのを手術中に感じているので精神的にかなりきますし。

最近「できないことはできない」と線引きたほうがいいとアドバイスを色々年上の方に受けるようになりました。シャントも人工血管を切開したところから入れるとか荒々しい手術なので、しばらく腕がパンパンに腫れて痛くて使い物にならないとかあったような…色々ありすぎて覚えていられないんですが。今現在もシャントが詰まるたびにバルーン手術はしているようなので(血管拡張手術。血液の循環が阻害されると透析自体ができないのでどうしてもしなくてはならない)。

がんの時も腕が上がらないから入院中親に髪の毛を洗ってと頼まれて洗ったり乾かしたり(術後はしばらく入浴できない)。私がやって当たり前という態度で言葉ですらお礼ができない…余裕がないのか…なんなんだろうとは思いましたね。それでも、私も親の死の覚悟もやはりあったので。

父親はクソ野郎なのであてになりませんし。実際問題急に呼んだところで、頼りにならないし、逆に余計手間がかかるのでいない方がマシだと思ったっていう。クソ野郎にもほどがあるというか、誰かが入院したとか家族が病気で大変だろうと会話しようにも、自分の方が大変だとかかぶせてくるだけでなぜか人を心配したりはしない…確か最後に話した時、話が通じないと思われる。

「自分の方が大変病」の人っているよね。普通誰かが入院を繰り返しているとか家族だという自覚があったら何かしらの行動はしますよね…。多分人間に見えるけど人間じゃないんでしょう。私自身、ふりまわされるのも腹立たしいので、「夫婦の関係を切れ、切らないなら夫婦で助け合うのが道理だ、父親に助けてもらえ」と親に詰めているけど、「自分のことは自分でする」と豪語していたのに自分で対処できないし。

別に大変なら助けようという気持ちはあったけど、その後にも父親との面倒なことも全部かぶってくるのに後のことを考えない母親を見ると怒りが増してくる。本当に後に揉め事とか面倒は起きないように事前に対処しておいてほしいというのが。親が死んだら父親を呼ぶのかどうするんだとか後に残されて困ることは絶対あるのに、親には想像力がなく後で何が迷惑がかかることがあるんだ!みたいな言い合いになる。結局、自分のことしか頭になく何も対処しないのを見て、もういいや、出て行きたいなと最近思いますし。

人生生きていると色々あるけど、私の場合は両親がそろっていて何にも苦労したことがないような言い方を実際にされたことがあって、まず苦労のない人なんていないだろうと思います。働いていない人が怠けているかというと、人一倍自分を自分で責めてたりする場合もあるだろうし。私の場合は延々と父親に対する愚痴を聞かされてきたけど、だったら対処すべきなのに愚痴を繰り返すってバカだなと思います。

私自身は父親に10年以上会ってませんし。離婚するなんて事実的にはごく簡単なはずなのに。本当に子供のことや残された者がどうなるかなんてどうでもよくて、自分のことしか考えてないんだなぁと思うと、だんだん自分がやってきたことがバカみたいに思えてきます。身も蓋もないけど、ある程度ギブアンドテイクが成り立たないと空虚感しか無くなりますね。相手のことを考えるけど相手も自分のことを考えているなど。相手のことを考えても相手は自分のことしか考えてないとかだと無理みたいです。
| 2018.08.31 Friday | 日記 | - | - |
 パスタ
パスタ
| 2018.08.30 Thursday | | - | - |
 今日の空
空

体調良くなったといっても、いまだに身体面の波がけっこうあるので、体調がフラットに安定している人はいいですね。うらやましいです。その辺を散歩して少し気分転換できたらなと思います。
| 2018.08.30 Thursday | 日記 | - | - |
 人生いろいろ
不倫ワクチンとかカジュアルにやっているというのも本とかでは読むけど、ネット上で検索していると不倫の末に相手を妊娠させたとか洒落にならない感じの質問が怒涛の数であったり、カジュアルに不倫にのぞむような類のものじゃないんじゃないか不倫…と思います。

私の場合、固いやつだなと思われているかもしれないけど、実際付き合った人の子でも予定外の妊娠するのは男じゃなくて女なので、簡単に付き合うんじゃなくて、防備を巡らさないと圧倒的に傷を負うのは女ですよね…。とりあえずの好奇心で付き合うとかもリスクあるというか、その前に相手を見極めるべきと思うのは固いのかなぁと疑問です。

でも男はすぐ逃げられると思っているかもしれないけど、そういう相手を傷つけても無関心な無責任な行為って、来世で女性になって妊娠して苦労するとか、傷ついて初めて気がつくとか、そういうカルマにはなるのかもしれませんね…。すみませんね、怪しいカルマ思想。

それと結婚も、20代が有利と言われてもそうだろうか?と思います。確かに子供を産みたい人は色々計算しないといけないし若い方が有利みたいですが、一生を共にしたいという相手だったら30代以降になって見た目が老いてきてもあちらから興味を持ってくれるくらいの人でも全然遅くはないんじゃないかと思います。

若い子が好きな人と若いうちに焦って結婚してもうまくいかなくなる可能性もありますよね。確かに年齢が上がると周囲に既婚者は増えるけど、だから焦った方がいいかというとどうなのかなぁとも思います。

子供を産みたい人が確かに焦るのはわかるけど、結婚が必ずしもうまくいくものではない以上、長い目で相手と付き合って妙齢になって別れたら別れたで腹をくくっておく、そのまま続くなら一緒にいようくらい余裕があってもいいような気がします。

子供が欲しいとか絵空事を描くわりには現実的な生活面の厳しさが想像できない相手だときついんじゃないかとか。年齢的に上がってきても体調が以前より安定したし結婚生活もうまくいっているので、今が一番いい時期だと判断して養子縁組される方もいらっしゃるようですしね。40代くらいになってキャリアが安定していたり、見通しがついているからなのかなぁと感じました。
| 2018.08.29 Wednesday | 日記 | - | - |
 生きてる理由
空

私が今でも生きている理由は、中学の時お風呂に4時間くらいはまってしまって動けなくなっている状態でも誰も気づかない家庭とか、高校の時孤独に苦しんでいたとか、ネット上では案外過去に同じように孤独な人がいて、共有していたんですね。今はなかなか難しいと思いますが。簡単に会っちゃいけません。

それとか、直接的には話したことはなくても、現実を超越して視える人は真実かどうかが実際にわかるようで、書き記した事柄に対して「(こういう事柄は)親が悪い」と断罪していたことです。

毎日孤独で直接関わる人の中にも理解者がいなくても、見たこともない人も同じように、同じではなくても苦しんでいる人や、話したこともなくても理解しようと心を向けてくれる人がいたことです。本来なら直接的な関わりの中で理解者がいてくれたら一番いいんですが。

私の場合、外見が苦労知らずのお嬢様みたいに何にも苦労してないような恵まれた環境の人に見えるらしく、見た目で軽んじられたり、特に何もしてない状態から先制攻撃してくる人とかわりといるけど、苦労の度合いで言ったら多分筆舌に尽し難いみたいに私と同じ人生で50%以上自殺に向かうだろうなという感じだし、

中学の頃からどうやって這い上がろうとか思うほどじゃなくて、真っ黒いトンネルの中からずっと抜け出せないだろうというところからなんとなく生き続けているけど、最近はいろんなことがわかるようになってきて、3万人くらい毎年自殺者がいるけど自殺しない方がいい、これからも苦しいことがいっぱいあるけど、それを払い終えたら無罪放免かもしれないので、とにかく死なない方がいい。

学校なんて行かなくてもいい。引きこもってもいいし、死ぬ必要はないです。それに人が苦しい状況にあることも知ろうともせず、追い打ちをかけるように嘲笑してきた人たち、必ず私が苦しんだようにこれから、苦しむ状況を自ら何重にも作っていても気付かない人達なんだなってことが身に染みて、よくわかるようになったのでひたすら哀れだなと思います。負のカルマでも刈るまで逃れられないんですよ。しかも自分で材料作ってる。

でも間違えるのが人生で、ある意味苦労を作るために、痛めつけた痛みを今度は身をもって知るために、積極的に人生を踏み間違え、将来…来世以降も苦労する材料を集めるためにも生きているのかなぁと最近思います。だから、ある意味人を痛めつけ放題で気付かない人よりは痛みを知る人生の方が得ですよね、人がどういうことで痛みを感じるかやっと、苦しみによって、人より理解できるようになる部分もあるし。

だから人間やってて痛みや苦しみを知らないままずっといけない、苦しいことも絶対に避けて通れないというか、あらゆる人に思いやりをもって、減らすことはできても、傷ついたり自分の心が痛んだりすることからどんなに生まれ変わっても苦しい時期が絶対来るし、苦しみからも逃れられないと思います。逃避はできても結局同じだけ苦しむみたいな。

苦しむくらいなら生きるのがいやだって思う人はたくさんいると思うけど、そういう時に誰が本当に思いやりをもっている人なのかというのがすごくコントラストをもって見分けられる目が身についたり、色々副産物はありますよね。

どん底に落ちた時に見捨てる人なのか、苦しんでいるときに気づきもしない感性の人なのか、それとも、そういう時に助けてくれる(というか寄り添ってくれる)人は本物だったり。黒がわからないと何が白いのかわからないというのも前よりはわかります。病気にならないと五体満足がどんなに恵まれているか、五体満足な人間が本来求められている義務に近いようなことは何なのかも考えないんだろうなと。
| 2018.08.29 Wednesday | 日記 | - | - |
 刺身
刺身

今日のご飯はものすごく美味しくなかったです。魚も新鮮なら美味しいんだけど…最近高いものを買っても(安価じゃもう買えない)新鮮じゃなくて食べるのがキツイ。豆苗はしっかりしたものを選ぶとホントに草みたいで結構食べづらい。2度目に生えてきたものは結構細くなっているので少しは食べやすいのですが。
| 2018.08.28 Tuesday | | - | - |
 今日の空
空

涼しい…けど雷が地響きのようでやべぇなという感じです。雷の鳴っている時期に外に出ると打たれて死ぬのだろうか。どうしたものか。もう、次の勉強始めよう。普通に続けてる方達はすぐに取り掛かっているとのこと。

昨日行く行く詐欺でスーパー行かなかったから行ってきて、洗濯して、家計簿つけて。普通に外食もほぼしないし、栄養的に必要な物を優先して、贅沢なものを選んでいるつもりはないけど、食費が結構いってしまう。

家計簿 無印
食品を全部記録しようとすると2行使ってもおさまらないです。光熱費とかもつけたい人は雑費でもなんでもいいけど、ざっくりした行を作ってとりあえず書いて合計すればいいと思います(総合計もつけられるよう工夫するといいと思う、私は合計を欄を一段に書いて、一番下の段を総合計にしています)。百均で細々したものを買ったのはもう面倒なので、1回のレシート分しか記入しなくなりました。

食費は物価高などでこれから、どう推移するか面白そうだからとりあえず品目ずつつけています。日用品はamazonで買っても安そうな感じの品や、店舗の方が安かったよな…って見つめてるとわかるようになります。少しですが…。食品だと、店舗で表記されていた値段より100円安くレシートに表記されていたり超常現象がわりと起こる、割引とかもあるし。食品もレシートごとの記入でも問題ないんだけど、品目ごとに書いているとこれ買ったのにまだ食べてなかった!と気づくことが多いです。
| 2018.08.28 Tuesday | 日記 | - | - |
<new | top | old>