<< 豆苗 | main | 今日の空 >>
 老前破産
何だか不穏なタイトルの本を読んでいるけど、一番大変なのが、家のローンを組んで、子供の学費のローンを組んでと親御さんと同じように人生を歩もうと考えている人。何とか乗り切れた世代と同じように生きようとすると結構厳しい。

50歳くらいの時に家にローンも貯金もない状態だけでも勝ち組と…。家を持ってしまうと近所トラブルがあっても住み替えできないデメリットを考えると必ず必要ないかもとか、学校にしてもお金のかからない学校に行くとか色々やりようはありますね。

別にお金のかからない学校が授業なめてるかというと別にそうでもないし。誰でも入学できるけど、ちゃんと理解できてないと卒業が遠くなる分、他の学校に行くより勉強面では厳しい場合もあるんじゃないかとか。

一番言えるのが、人と同じような生活ができるのかとか自分の能力や将来性をシビアに見極めて(夫とかじゃなくて自分がです)、これから家族を持ったりする人は、何を諦めるか自分で選択しないと破綻するのかなぁと。

わりと結婚して子供を持ってとか当たり前に想像している人が多い気がするけど、自分にも能力がないと厳しいし、将来も健康でいられるかも未知数ですし。能力にも突出して持っていてもお金になりにくい能力とか色々現実的にはありますものね…。私はとりあえず能力を伸ばそうと思ってます。

現実的に定年がある人だと定年後にもローンがある予定で組むのはかなり無理があるんですよね。年金も降りないのでその時点で無収入だから一から何か職を探さなくちゃいけない上にローンの負担だと。子供がいるとレジャーにばかり行きまくるなら本当に少し我慢して貯めても足りないくらいなんじゃないかな。ダブルインカムでも。

今の年上の方たちがどれだけ切り詰めて生活しているかとか、上の世代の方向けの雑誌とか調べると結構わかります。まずリッチに自分にご褒美とかそんな生活してないですね。月10万くらいで生活するにはとか。

年金で切り詰めてでも生活していけるだけもらえたらまだ御の字だけど、そういう保証もないから今からお金を使わない生活にもある程度シュミレーションしておかないとというのも。多分年上の人ほどの年金財政なんてない。

20代をキャリア形成にさける健康体の方はいいなぁと思うけど、とりあえず多少の家事能力は身についたような気がするので。自分に対する期待値も低いけど、男性に依存しようと思わなかったんですよね…異性に対する期待値も低くて淡々とここまで来てしまった。

異性に依存したところでもっと大変になるのが最初から想像がつくというか。独り者だから当然相手を求めていると勘違いされて圧をかけられるのもそもそも、自分でオーダー出したつもりあまりないのに、あまりにもしつこいといじめなのかなと思うこともありますね…。
| 2018.08.24 Friday | | - | - |