老眼

絵でも描ける限界があるというか、ある程度以上の年齢の方だと老眼でメガネ出したりとったりしていらっしゃって、精力的に描ける時期ってやはりあるのかなとも思います。目がまだいい時期とか、手が震えないでしっかりしているとか。描ける時期は、ある程度は描いておかないと後悔するのかなと。

私は歳とったら楽器やりたいですけどね。若い頃からずっと描いてる方も、描いてるって絶対言わないけどすごくうまいです。カルチャースクールは廃れないだろうから自分の生活の都合でやめたり入ったりしながらスキル磨いてもいいだろうし。

先生から習うと感じるのは正確に形を見ている気がする…。写真でいうとアップで写さないで、少し離れて写して遠くから冷静に形を俯瞰して観察しているっていうイメージのような。私の場合あんまり自分がよく見ているほうか自分ではわからない。

だいたい形は取れても、やはり主観で描いているところが部分部分であって、先生に見て頂く場合正しく修正されるので。動くモチーフでも瞬時に形をとるとか難しいですよね。だから静物とかあるんだろうけど。自分で描いていると足が体と照らし合わせて長すぎるとか判断できない場合がよくある。

よく考えると30代は描くべき時期なのだろうけど。もっとよく考えると繊細な絵って年取ると描きたくても描けなくなる限界がどこかで来るのだろう。目がかすんだり見えなかったら正しい線が引けないし。描ける方に細かい絵描いてるとボケないからこれからもずっと続けた方がいいと言われるけど…。