トラウトサーモンのホイル包み
ホイル包み

トラウトサーモン、基本的に刺身も、フライも、ソテーでも、ホイル包みでも美味しいです。刺身が好きです。なんだか臭みもなく甘みを感じて。まだ一切れ余っているから、ソテーかフライにしようかな。

ホイル包みは私の場合トラウトサーモンだと味がないのでサーモンに塩胡椒、今日あったのがエノキとネギと玉ねぎなのでスライスして乗せて、少し大きめにバターを上に乗せて、ホイルで外から水が入らないように蓋もして、フライパンに水を入れて蓋をして蒸す感じです。6分+6分くらいのタイマーにして、蒸す間に水が蒸発してたら足します。チリチリになるかもなので、こまめに覗いた方がいいです。
| 2018.09.20 Thursday | | - | - |
 アニエールのセーヌ川にかかる橋
ゴッホ

子供の頃に描いた模写ですが、本物が展示されていました。もしかして、経年劣化で退色しているのかな…という印象も受けました。方向音痴なので、なんども行ったことあるのに迷って歩き回っていた…。(科学館の巨大な球体目印にするだけで超アバウト)

人が多すぎるので後ろからチラッと観る感じで図録を楽しんでいる。前で観ようと思ったらものすごい時間がかかる。ゴッホもモネもマネもドガもセザンヌもゴーギャンも…有名どころがすごい。人が多すぎて前で観てないけど。最後に展示してある絵画が撮影可能になっていました。モネの超大作。
| 2018.09.20 Thursday | | - | - |
 名古屋市美術館
名古屋市美術館

名古屋市美術館
| 2018.09.20 Thursday | | - | - |
 今日の空
空

最低賃金が出ないのって、仕方がないよね、なにせ障害者だからっていうようなどう考えても明らかな差別が含まれているような気がする。真面目に頑張ろうとする人なのに、一生貧乏です!ワーキングプアよりひどいですと宣告されるの、仕方ないよね、なにせ障害者だから…差別ですよね…。

人間には代わりはないし、余暇や趣味を楽しむ金銭的な余裕がほしいとか自然な欲求は当然あるはずなのに。余暇や趣味どころか食費にもならないやん…。障害者雇用も公の機関でも現実的にはほとんど機能していないくらいめちゃくちゃなので、守られた環境である上に賃金も保証されても当然いいと思う。

虐待防止法などだろうか?どこに通報して、どのような機関で連携されるのかとか、これから勉強するようです。
| 2018.09.20 Thursday | 日記 | - | - |
 トラウトサーモン
トラウトサーモン
| 2018.09.19 Wednesday | | - | - |
 今日の空

空

だいぶ太陽が低くなってきました。一戸建てにしても骨組みが見えない問題はあるけど、これから空き家がもっと増えてくる時代なので、無理して高く買う時代でもないような…。修繕するくらいで、それほどコストをかけずに住まえる時代になってくるかもしれませんね。多分、政府とかが空き家が増えすぎて困るようになるので、何か動きが変わるかもとか。

障害者権利条約 wiki

障害者権利条約
障害者基本法
障害者差別解消法 wiki
(・障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
障害者虐待防止法 wiki


虐待防止法にも最低賃金を出さないことが言及されている…。というより、紹介する前に、まずあなたなら時給80円で働くことを本当に選ぶのか、自分に置き換えて考えてみてほしいと思う。1時間働いても自販機で飲み物も買えない賃金で自分だったら働くのかと。

 

私だったら労力に見合わない働き方と判断して、その時間を次やることを考えたり違う方法を考える。仮に80円で働いたら現実的にはお金が貯まるどころかどんどんお金がなくなっていくわけで、できるなら資格などお金があるうちに取っておくとか、できることをしておく方が現実的な気がする。資格取るにも安くないですしね。

1ヶ月500円くらいなら、広告(ネット上のCM)を見たらポイントが得られるサイトで広告をひたすら見まくるだけで月500円くらいはamazonポイントでそれくらい貯まってたけどな…。

| 2018.09.19 Wednesday | 日記 | - | - |
 今日の空
空

これからもっと、単身世帯が主流になっていくっぽいですね。

家を建てる…

私的にはその中に住む人がハッピーに暮らしていないと意味がないと思い至ります。若い夫婦とかが家が建ったら理想的な暮らしができるとか、希望的観測で建てるとかもあるんだろけど、ある程度不便な環境でも譲り合える人同士と確認したら建てるとかもありなのではとか。

ご近所トラブルにあった場合は知恵袋などを漁ってみて、こりゃうちより酷いなとか思ったり、色々考察してみるといいです。対処しなくてもおさまる場合は、先導してるのが結構なお年寄りの場合…大体体力的にそのうち弱っていかれます。

周囲を取り巻いている人は声がでかい人に乗っかっているだけのただのチキンなので、先導者がいなくなればおさまる場合もかなりあると思うけど、程度問題があるというか、直接暴言を吐かれるとか家や車に嫌がらせされるとかなったら何か手を打った方がいい分かれ道かなぁと。

あと所詮マイホームもどちらかが亡くなれば一人暮らしで、その中で暮らすって相当悲しいと思います。そういう方が周囲に結構いて、大丈夫かなと思っていますが、私が屈強な男性だったら「最近どうですか、元気ですか?」くらいの声かけはできるけど、今まで小さな頃から挨拶も無視されてきたので、今になっては何もできなくなってます。

お互い様なんだけど、生きてきた生活環境が違うとやっぱり、毎朝5時に改造バイクで騒音で出かけるとか散々過去にあっても人に迷惑かけてる意識自体がないんでしょうし、声がでかいお宅が改善するなんてことまずないです。騒音バイクについては特にうちも後のことを考えてクレームは入れてないし、周囲も黙っていたみたいです。人員が変わって静かになる場合もあるので、待つのも手かも。

私の近所だと暇を持て余しすぎてやらかしている系の老人が多いような気がする。現役世代の人は大体忙しくしているようで毎日のように近所に構っている暇自体ないというか。でも仕事を頑張りすぎても、老後が寂しくなるようでなんだか…投資のたまごの話じゃないけどリスク分散って人生に必要なんだなぁと思います。とりあえず知恵袋の近所トラブルが半端ないですね。どうなっているんだというか。

結構新しくどんどん建てていくようなおうち周辺もトラブル多発なんじゃないかなぁ。昔から同じ時期に住みはじめた人とほとんどトラブルになることはなかったけど、新しく建てられた方のバイク音がとか、新しく住まわれたご近所の方が怒鳴っていてそれからその昔から住んでいる近所の方を見かけなくなったり、今までなかった問題が新しく家が建つことでボコボコ出て来たりと。

正直、何があるかわからないから住み替えできる金銭的な余裕は持っておいた方がいいというか、ローンを使ってまで家を買う価値があるかというとそうは思えないです。大体、今の時代だと想定外のことが起こります。近所トラブルがないほうがおかしいみたいな。

基本仲直りとかも絶対無理だし、何が地雷源になるかもわからず、話が通らない想定で。何もしていない最初から因縁つけられている場合もよくあるようですね。学校で乱暴者が暴れるのの近所バージョンでしかも逃げる場所が絶たれたようなもので、死ぬまでそこにいるのを覚悟すると、生涯戦々恐々と生きたりしなくちゃいけなくなる。
| 2018.09.18 Tuesday | 日記 | - | - |
 ナポリタン
ナポリタン
| 2018.09.17 Monday | | - | - |
 結婚
私みたいな歳の人がネットをやっていると嫁にいけない系の煽りがすごいけど、客観的に考えて、女性より男性の方が余っているような…。35歳までに結婚しないと限界説とか、女性はよく言われるみたいです。私も歳をとってくるとダラダラしているなら旬な時期もあるんだろうなと思うけど、

女性だと焦って飛び込むよりじっくり見極めた方がいいのと、男性にはそんな性格の優しい女性なんてまずいないと思うとは言いたい。大体の女性はめっちゃ強いし、逆のタイプの女性は流されすぎて意志がなく感じてだんだん何を考えているかわからなくなってくるとか、極端じゃないかなぁ…。

女性に幻想見てると、ドツボにハマるような。見た目だけで選ぼうとするとか好きになるとか慎重じゃなさすぎて、危険…。若い時は恋愛もあってもいいかもしれないけど、年老いてパートナがー亡くなるなど一人になった男性も結構いるし、いつかは一人になっても生きて行く強さがいるような。その点、女性は全然大丈夫そうなんですけどね…。女性の場合ネットワークがあるので孤立しにくいんだけど。

女性同士の付き合いが長いと、普段仲良しっぽくしているのに裏では違うことを思っていて悪口ばかり言いまくるというのがむしろ大多数というのがわかってくるんだけど、男性って結構夢見てますよね。

もちろん全員じゃないけど、逆に少数派だと一緒に言わないとやられるから、過去にいじめられている子も多い気がするし、女性同士の付き合いにうんざりしているから割り切ってその場をうまくやろうと思わず、静かに生きている子が多い気がする。女子会とかばかり開くとかも、基本悪口とか愚痴ばかりでしょう。
| 2018.09.17 Monday | 日記 | - | - |
 今日の空
空

なんだか世の中にはお手本になる(反面教師も含むだけど…)大人がたくさんいて、老後に趣味でバリバリやって充実させている人、暇を持て余しすぎて、暴走老人系になっていく人、毒親なのに老後が立ち行かなくなっていくのが現実的にわかりはじめ、

子供の顔色を見るようになるなど。考えないで生きていると自分もどれかにハマるから考えろということなんだろう。子供を持っている人も案外要注意な気がする。子供がいると思うと子泣きじじいみたいにどうしても依存したくなるよね。心細くなると。子供にとっては負担極まりないです。

毒親
本当に自分のやってきた数えきれない事柄を覚えてないのに、人への文句ばかりで人へ負担をかけていても、自分が放った言葉は覚えてない。本当に。毒親のような性格の人って、協調性がないからもともと人と関わることがほとんどないし、相当怖いんだと思いますよ…おそらく。施設に入るなど。家にこもっていれば安心と思っていたらそうもいかなくなってきて…。

一瞬でも実の親以上に本当の子供に向けるような愛を向けてくれる人はたくさんいましたからね。食事が取れなくなって入院したんだけど、その時3ヶ月くらいは声かけすら何もせず放置していたのを親戚からそれはないだろうと責められていたらしく、でも、なんで私がそんなことを言われないといけないんだ!みたいにあろうことか私が文句のはけ口になり、親の被害妄想半端ない。

毒親 特徴
認知の歪みがすごいというか、それほど親しくない人に延々と持病の話をするとか(わからないからやめろと止めますが…)、相手と話をするって感じじゃないです。キャッチボールみたいに話の行き来をさせるんじゃなくて誰に対してもドッヂボールでただ当てるだけ当てといて逆に、人の話なんか聞かないからな…。最近…というかずっと前からだけど、私が批判的な意見を言うと必ず「私は病気でお前とは違う」印籠を出しまくる手段しか使わない。
| 2018.09.17 Monday | 日記 | - | - |
 豚ヒレ肉
豚ヒレ肉
| 2018.09.16 Sunday | | - | - |
 今日の空
空

冬の電気代を年別に比べてみると、1時間1円前後の電気膝掛けを2枚使用して、同じくらいの大きさのフリース毛布(ユニクロとかで売っている)を重ねて足周りと2枚目は肩にかけて生活していたのですが、前の年より電気代が若干全体的に冬は安くなっていました。

こたつか膝掛けかというと新しいと違うかもしれませんが、こたつの方が電気代は食います。とても寒い時はストーブも併用する必要があるけど、電気膝掛けは結構暖かいです。でも体格も人それぞれあるので体格によっては大き目のものを選んだ方が足全体を包めて使い勝手がいいとかありそうです。うーん、安くはなっていないか…。ストーブのファンに電気が要るなど使う長さも寒さにもよるし。電気をつかなわない暖房なら安くなる…実験してみようかな。
| 2018.09.16 Sunday | 日記 | - | - |
 今日の空
空

暑くて行く気がなかったけど近いうちに美術館に行っとこう。ボストン美術館はもうすぐ閉館ですね。ミレーの絵が展示されていたのがほぼここしかなかった気がする。名古屋市美術館も結構すごそうなのがやってる。どなたか富豪系の人がコレクションしていたのか…。
| 2018.09.15 Saturday | 日記 | - | - |
 肉じゃが
肉じゃが
| 2018.09.15 Saturday | | - | - |
 虐待に世代間連鎖
あるのかどうか逆に私には信じられないですね…私の祖母だと、孫(わたしとか)の運動会で、今時は誰も朝から場所取りしてないのに、多分今までの孫全員のためにやってきたのだろう、朝から頼まれなくても小学校運動場で場所取りしていたりと(登校時に気づいたくらい早い時間…)。

おそらく自分の子供に対しても基本、そういう愛情のかけかただったのだろうし、面倒見の良さが半端無いというか。休日にお祭りにだったら孫のためにお菓子を配ってもらえるという話なら孫のためにもらいに行こうとしたりと。

お菓子で子供の心を釣るという感覚じゃなくて愛情に溢れすぎているのか、孫のどの子がどのお菓子が好きだというのを把握していたり、わたしの好きなお菓子も当然のように全て把握していた。しかもなかなか食べられないからと思うのか、買ってきて届けに来てくれたりと。

お団子が出ている日は休日にお団子を持って来てくれるとか(少食なので逆に食べきれなかったです・笑)同居している孫もいるのにも関わらず、私たちの家に来て気にかけてくれていたので相当愛されていましたよね。

親(祖母にとっては子供)が病気になったら毎日欠かさず徒歩で病院に行くという。片道50分くらいはかかるんじゃないかなぁ…。(毎日ってその時6ヶ月くらいの入院期間)

本当に祖母の意地悪な面を全く見たことがないというか。虐待話を聞くとどちらか一方の子供(わりと男の子は可愛がるけどというのはよく聞く)だけ可愛がって後は邪険にするとか意地悪さ加減半端ないですよね。そういうのがなく誰に対しても優しかったです。きつく怒ったりもしないです。

祖母の年代なら普通に女は勉強しないで嫁に行けというのはある意味当たり前の価値観で仕方ないことぐらい理解できるはずだし、そんなことをずっと恨んでいると聞くと、相当愛情に恵まれていたはずなのに感謝じゃなくてこの後におよんで恨みばかりしか出てこない、ひねくれ者にしか思えないです。

だって今だったら孫の世話してもらえるのも当たり前のはずないのに、文句や嫌味ひとつ言わずにやってくれたんだし。保守的で頑固な祖母と子供関係だったら、孫をほったらかしにしているのを見てたら家庭に入りなさいと必ずバトルになるような…。親が子供に対する愚痴を延々言っても全部否定せず聞いてた祖母です。

面倒見がよすぎるからよくないということもあるのかなぁと最近思います。基本的に周囲に恵まれて、いつでも面倒を見てもらえてきた人っていつまでも面倒見てくれる人がどこかにいると潜在的に思っていますよね…。死んだらおじいちゃんおばあちゃんに会えると思うと楽しみだったりするし。
| 2018.09.14 Friday | 日記 | - | - |
 息子介護
キンドルアンミリテッドで読めますね。
| 2018.09.14 Friday | | - | - |
 LEDランタン
LEDランタン

懐中電灯にもなるタイプです。それほど高くないのに2つ入っていてコスパよかった(明かりは家族がいて別行動するにも一個じゃ足りない可能性高い、トイレとか色々あるし)。後は冬に向けては灯油ストーブや、毛布などをぼちぼち用意しようかと。緊急食だとカップラーメンでもいいし、冬は冷たいものではなく、

温まるもの中心に必要でしょうし(イスンタントお味噌汁とかも温まる物を飲みたい時はお茶沸かすより手軽でいいのではとか)。少なくとも車中泊になっても毛布は要りそう。後トイレ用にゴミ袋とかもストックしておかないと。バケツを一応百均で買ってみたりも。カセットガスストーブというものもあるようですね。非常時なのでそれなりにガスボンベもストックしないとけれないけれど、どうしても寒くて耐えられないとかもあるような気がします。
| 2018.09.14 Friday | 日記 | - | - |
 介護
私自身は介護はほとんど経験がないけれど、育児家事介護…なぜ女性だけがやることになぜなっていたんだろうと疑問です。どれも重労働、スキルの差はあるかもしれませんが、一方に丸投げしても大丈夫だとは思えない。

なぜ女性の仕事になっていたのかにも興味あるけれど。意外と武士の時代は男性が自分の親をみるというのが本になっていたとか…本当かどうかはわからないけど、丸投げになった時期ってどこかに境い目があったのではないかという感じもします。

今息子介護で虐待が多いというのはよく言われているけれど、いろんな問題が複合的にあるような感じも受けます。息子を厳しく育てる親御さんもいるのかもしれないけど、私は娘ですが家にいても昼ご飯や晩御飯が自分の分が勝手に出てくるとかもまずないですしね…。

なんでもやってあげることより大学生くらいになる前に家事を教えて自分で生きていけるように育てていった方がよっぽど子供のためにはなるのではないかとか。帰省した子供にご飯を作ってあげるとか習慣として気持ちはわかるけど、もう勝手に食べててでもいい歳なのではないかなとか思うことも多いです。

介護もまず一通りの家事ができないと無理ですよね、自分のことがまず自分でできるようにならないと。洗濯や掃除や料理…。なぜ子供の分を肩代わりしようとし続けるのかなと思います。洗濯でも大人になったら同居でも自分で洗濯するよう言えばいいのではとか。

やってもらっていた人が、いきなり全部面倒を看る人になるのに無理があるというか、男女関係なく現代はせめて家事できるよう一通り練習しないと応用力がなくなる、どうしようもないような…。お父さんがいる人にとっては悪口になってしまうのかもしれないけど、特に事情がないのに家の中のことを何もしない人って今だとただでさえ人数が少ない分より助け合う必要があるのに、ただのお荷物になってしまうというか、相当負担ですよね。お母さんに介護が必要になった場合お父さんがみる必要性がでてきますし…。

私の家だと小学生の頃から夕食の食器洗いとかお手伝いとしてやってたりいつの間にかだいたいできるけど、家事にノータッチで来た人とにかく巻き返す必要があると思います。結婚するにも一人で生きるにも将来親の介護するにもどの道の人でも必要…。

それと世の中には独立したら戻ってこられず親の面倒をみる余裕のない子供もいるし、親の面倒をみるのが義務なのかというと、何が正解なのかはわかりません。親御さんが弱ってきても元々の関係性や本人の性格によっては無関心の場合もあるし。自分の家庭のことで手が回らないとかもあるだろうし。

現代は本当は、自分が余裕があるつもりの人にも誰にも逃げきれる道はない気がするというか、長寿になった分、今は子供もいて自分の老後は大丈夫だろうという保証はないし、自分が介護されるレベルになったらどうしたら良いのかとか、絶対出てきますね…。子供はいてもいなくてもだいたいあてにならないと思います。むしろあてにしていい存在じゃない、ブラック企業やワーキングプアで社会人として生きるだけで大変な人が多い。

自分自身が介護が必要になる年代まであっという間ですよね…。色々な人の老いる様子を見ていて、どんなに元気で老後に暴走する人でも避けられないものだなぁと感じますし。
| 2018.09.13 Thursday | 日記 | - | - |
 今日の空
空

私が親に料理を教わっていた時は「多少失敗したって最終的に食べられればいいから、お腹に入った後はほとんど一緒」みたいなことを言われて、とても腑に落ちていたので、料理作るたび、毎回味ディスり大会とかしなくても、とりあえず食べられればそれでいいじゃないか、自分では自分好みの味がうまくつけられるといいねと大らかにはいかないのだろうか…。と思うこともありますよね。

最近は何かを考え続けることと、ただ体を動かして思考を止めるバランスをとらないと生きていくのが難しいです。体を動かすのは結構掃除もありなんだけど、床掃除とかハードなものをやったほうが自分の中ではいいようです。クイックルワイパーとかで楽に掃除するより自分の場合だと、体を動かした方がいい。掃除とかもたまにはちゃんとやってみようとやると、数分で終わってしまうんですよね。

全部やりきる体力はないですし、一部分でもと思うと。散歩もできるような気候にはなってきたけど、あまりにも人工物が多いと行っても気持ちがモヤァっとして帰ってくる…。車でも緑が多いところを通ると清々しいし、ただ人工物だらけのところだとストレスフルになって来るとかいろいろ違いがありますね。

これから秋〜冬…さみしさを感じる季節ですね。夏は夏で子供の頃感じていたように、楽しいどころじゃなくなってきた。でもたまに学校の近くを通ると子供が普通に元気に動いていて、こんな地球にしちゃって申し訳ないけど、少しホッとすることもあります。

嫉妬心って、私ももっと持っていた気がするけど、私自身は絵を描けることを羨ましがられたりするけど、それはよく考えてみたら才能以前にずっと長い間一応、努力をしていたからだったり、結局今幸せな人も、浮き沈みのいい部分を見ているだけ羨ましいというのもかなりの勘違いで、その時はよくても誰でもどん底が来るもんだと思っていると、皆も同じように大変だなぁと思うだけで、自分、努力してないなと感じるというか。やっぱり波があるなぁと思うといいことがあっても冷静になるような。私の場合ほとんどいいことばかりでなくても意外と生きてこられたので。

逆にすでにどん底に落ちちゃってる人は、腐らないでぼちぼち地道に登れる道があるので、これからの方が楽しみですよね。どう他人に幸せに見られるかじゃなくて、ひとりでも満たされる何かがあった方がずっと幸せですね。変人みたいに他人に思われていても自分が幸せならいいと思います。だいたい何で突出しても誰かが叩いてくるから人の評判だけを気にして生きるとどんどん弱くなってしまいます。反社会的な行動をとって迷惑をかけなければ多少変人でもいい。

なんとなくですが、努力することって、子供の頃の方が邪念が入っていない分やる気があったらやりやすい気がします。これを売って生計を立てようとかまず余計なことを考えて努力してないので(笑)。私自身も生計を立てるために絵を描いていたわけではないので、適職としてはとてもやりづらいです。売ってやろうと思っての努力はなかなかできない。売るのは無理でも(売ろうとするとすごく厳しい目で自分の絵をジャッジしはじめるので)前のように淡々と描くのはもしかしたらできるかな…。くらい。

世の中にいる人って見た目ではわからなくて、ちゃらんぽらんに見える人が努力家だったり、真面目そうに見えてわりとちゃらんぽらんだったり、一見した印象で決めてはいけないことが多い。私の場合はちゃらんぽらんに見えすぎて私に対してイラついているんだろうなという人はよくわかります。でもその人自身が私のことを何も知らないから。

自分でも努力家なのかちゃらんぽらんなのかもよくわからないですが。やりたい方に流れたらなぜかずっと引きこもって絵を描くとかが一番好きだっただけなので毎日ただ単に好きなように生きていたといったらそうとも言えるし。本とか読むのも他人から見ると努力なのかもしれないけど、だんだんほとんど、娯楽になってきますよね…。
| 2018.09.13 Thursday | 日記 | - | - |
 春巻き
春巻き

なんというか、プラゴミの多さに罪悪感を感じることが多いです。分別しているからきちんと処理されているかというと、めっちゃ適当に他国に引き渡されているっぽいのがクロ現+でやっていたらしいですね。ベニシアさんが瓶にこだわっていたり、危険なプラスチックの見分け方などもおっしゃっていたけど、

今ならわかる、これだけプラばかり出回るのは異常…。プラスチックがすぐに、自然に戻る素材だったら問題なかったです。海なんてプラゴミだらけで、海洋生物がそれを食べて大変なことになっている。本当はシャンプーや洗剤なども瓶売りした方がいい気がします。スーパーで買おうとコンビニで買おうとなんでもプラ。お惣菜買おうが、何を買ってもプラですね…。

ヨーグルトでも、洗って、周りの紙を取り除いて捨てたとしても、プラはプラ…。洗って分別してあるものはリサイクルにまわされているのだろうか…。それにしても細かいことだけど、紙の表示用紙など、粘着性でつけてあって取り除けないですしね。

ベニシアさんだと洗剤類も、極力自然素材の範疇で工夫しているけど。大原の近くだと下水道が機能していないらしく(昔のことかもしれないので変わっている可能性も)、そのまま流れていくことに疑問を感じたとおっしゃっていたような。人は人なので他人のことを言うつもりは無いけど、自分はそのまま流すのに抵抗があったと。
| 2018.09.12 Wednesday | | - | - |
 今日の空
空

災害用にパックごはんや、レトルトカレー、フルーツなど…缶詰類などを備蓄してみました。味見しつつ変更を加えていったり、実際電気が来ない想定で調理して食えるのか実験も暇だったらした方がよさそう。

お水も備蓄していましたが、水道水を濾過したものだとすごく気が抜けたような感じで中身がない感じなのはあって、余分があったらちょこっとずつ飲んでしまいます。ミネラルウォーターって中身がちゃんとつまっているというか、質が良いような。

百均で買ったLEDライトに電池を入れておくとか。LEDランタンっぽいのがあったら定位置に置いておけて、良いと思います。その近くで調理するなど。まだ持ち歩くためのライトしか持っていないのですが。

江原さんは2年程前だろうか…それくらい前から、投資はやめる、家の災害保険などに入ることなどと言っていたんですが、今なぜ災害保険なのかすごくわかりますよね…(私自身も災害は来るけど全体的に来るだろうということだとはあまり思い至らなかったので、

それなりにお金もかかることにも関わらず全体的に言っている事への理解へはつながらなかった。)どこかの話ではなく、本当にこれからも、どこに来てもおかしくないというのが。それ自体がただの天災とは言えなくて、自分達の想念も相当関わっているんだろうと。

もちろん温暖化など、相乗効果はあるとは思いますが…。これからも何が来てもおかしくないという事ですが、今年のキーワードは「爆発」です。ネガティブにもポジティブにも。

小さなこととは言えませんが、駅のホームに他人を突き落とすとか介護殺人など、そういう異常自体も頻繁に起こるとか、ここ最近は水害や土砂災害の方が多いように思いますが。毎日異常にイラついているとか、そういう事が問題なのかなと。それに加えて最近ずっと「七曜の神示」という。

ガスコンロを使う場合、着火になるのはうちのコンロだとおそらく乾電池ですね…なくなると電池のマークが点灯して取り替えのサインが出ます。

電気を使うタイプもあるのかもしれませんが、もしガスは通っているけど着火の不具合で付かない場合、マッチで火をつけてガスに火を触れさせればまず問題なくつきますね。私が清掃して、水浸しにして拭いた後、着火しなくなった時に親がよくマッチで着火装置代用しています。一度火がつけば次はいつもつくと思います(水浸しが原因の場合、着火に電気が必要な場合はマッチで代用すればいい)。
| 2018.09.12 Wednesday | 日記 | - | - |
 オリヅルランなど
オリヅルラン
| 2018.09.11 Tuesday | 植物 | - | - |
 今日の空
空
| 2018.09.11 Tuesday | 日記 | - | - |
 シュシュ
シュシュ

シュシュなんて編んだところで使わないよな、作ったところで似合わないからな。断捨離か。忘れた頃に出てくる。
| 2018.09.10 Monday | 百均 | - | - |
 草露白し(くさのつゆしろし)
書
| 2018.09.10 Monday | | - | - |
 今日の空
空

役所の手続きとか、毎年一番暑い時期に来いとかいうのもあるし、体力はそれなりにあっても行くだけで体温より高い気温の中なので死亡案件…とか、1ヶ月以内に書類を一式揃えて問答無用で持って来いとか、それはそもそもかなり無茶ぶり的なそんな感じのことが多すぎる。

今回も1回行くだけで3つくらいは手続きがあったり。役所の手続きって慣れてない人にとっては窓口に行くだけのことが高いハードルのようですし。どんな障害を負っているかもわからないのに配慮せず期日厳守とか。字が読めない書けない人もいるし、申請主義では無理ですよね…。

往復2時間くらいかけて歩いていって来たけれど。スーパーに寄ったら牛肉が半額だった。雨ですし、傘をさしてもずぶ濡れですね。
| 2018.09.10 Monday | 日記 | - | - |
 干物
干物

冷蔵庫の中身を消化しています。めかぶご飯も食べました。
| 2018.09.09 Sunday | | - | - |
 今日の空
空

結婚といっても、周囲を見ていると、結局女性は家事労働、介護要員みたいなためにうまく使うために確保しておきたいような、なんとなく窮屈な印象を受けます。介護が必要な他人の親御さんがすでにいる前提で同居できるのは相当な覚悟がいるだろうし、献身的で優しい女性なんでしょう。

人のことではあるけど、自分では手に負えないので誰かに丸投げしたかったのかな?とか色々考えてしまうことがある。優しい人だからといって何でも押し付けてしまうのも違うだろうとか。女性に家事を丸投げしながらでは今家庭は長期間は維持できない気がします。

何かあってもむしろ普通の年齢になっているのに奥さんの方が調子崩したらすぐ家事がどうのとか、お見舞いがとか泣き言を言ってる人もいたり、人生不測の自体が起こる前提で考えないのかなぁとか。そんな年まで考えないで来られたのか、私は親が倒れてもほとんど動揺しないし、淡々と対処するだけですし。

最初は動揺しましたが。もちろんお見舞いとかも大変だと思いますが、人が辛い時なのに、自分の心配しかしてない人ってちっちぇえなと普通に思います。いるんですよわりに。よくありますよね、自分が食わせてやっているつもりでいつでも家では威張っていたけど、奥さんが先に亡くなってからいかに何もかも依存していたのか気づいたという投書など。亡くなってから気付くっていう…。

若い頃から家事に興味を持ってコミットしていれば老後も自分一人でもほとんど何でも身の回りのことができるし、惨めさ三割増とかで感じないと思います。多分それなりの年になってしまうと後妻さんも難しいです。婚活とか、ただ迷走するだけです。家事が得意な人だったら、一緒につていてよく行動を見ていれば大体のことは教えてくれるだろうし、無料ティーチャーがいるうちに教えてもらうだけですごくメリットあるのに。

確率的にも親か子だったら親が先に死ぬことが多いし、いつかは自分で何とかするしかない時期も来ますしね。親が体調悪いとそのいつかも覚悟するしかないなぁと強制的に鍛えられる。むしろ健康な親御さんだっていつ死ぬかわからないし、元気だったと思ったら末期ガンだということもあるし。

入院して困るとすると、パジャマを持ってない人だと試着もできない状態でパジャマのサイズを想像で選ぶとか、室内シューズを試着しないで想像で選んでくるとか結構大変なんじゃないかと思います。あらかじめ自分の着るパジャマを持っていた方がいいんじゃないかとか、脱ぎ着しやすい靴も一足持っておくとか。それなりにお年になったら動けなくなる前に使いやすい靴を少し余分にストックしておくのもいいのかも。

洗濯自体は多分病院に洗濯機があるから、入院している人ができない状態でも洗濯機を回して乾燥まで待つ時間がお見舞い中にあればできます。コンランドリー方式だと思うので、お金がかかります。洗剤は家で使っているのを小さい容器で持っていくのでもいいし、売店で小分けが売っていたりします。家に持ち帰って洗ってくるとかも手間がかかるので。入院中は色々持っていくものが多いですし。

家族が入院するといっても、案外タスクは限られているので、無限にやることが増えていくわけではないような。服やタオルなどの着替えや日常生活に必要なものを持っていって、後々必要なものを直接リサーチして持っていって、手術の付き添いをするとか、お菓子とかも大体食事制限があると思うので差し入れなんていらないです。入院している人にとっては暇な時間が多いので、何か読む人だったら普段読んでいそうなものとかを差し入れするとか。暇を持て余すのはいきなりじゃなくて入院が長くなる時なのでとりあえず最低限な物を持っていけばいいし。

入院する時は修学旅行で使うようなどでかいバッグが重宝します。ゴミ箱(百均のものでいい)とかかさばるものを持っていく必要があったり、当面の衣類やタオル類をいれていたら大体一杯になります。退院するまでに特に必要なかったものを家に持ち帰るようにして、退院の時までに身軽にしておくといいです。パジャマは何着かないと着替えられないです…。
| 2018.09.09 Sunday | 日記 | - | - |
 唐揚げ
唐揚げ
| 2018.09.08 Saturday | | - | - |
 結婚式
ずっと考えているんだけど、花嫁衣装に憧れがある人もない人もいる。私はずっと友達だと思ってくれる友達の式には喜んで出席したいけれど、ただの人数合わせで最初から友達と思っていないのなら、呼ばれたくないなと思います。なんども同じようなことを書いているけど、日本人ってなんでも決めたら変えないですよね。

ご祝儀がなぜか3万円、ドレスコード、結婚式が高額とか。もっとフレキシブルに、来てくれたらそれでいい、めかし込んで来ないでカジュアルをドレスコードするとか、例えば飲むのが好きな人は皆を集めて相手を紹介してただ皆で飲み明かす会でも披露宴的な結婚式になるのではとか。

私の場合人と趣味が変わっているというか、日本画とか絵とかにも興味があるけど一般的な女の子が興味を持つようなディズニーランドとかドレスを着るなどにあまり興味がないだけで。

前も書いてるけど日本画の描き方とか力説しだしたら、引かれるだろうし、逆にミッキーとかが私にはなぜか超遠い存在なだけで悪意があってスルーしているわけじゃなく、興味が薄いだけで。

なぜそんなめんどくさい細かい描き方にこだわるんだと疑問に思う人もいるように、なんで結婚式だと形が決まっているのか素朴に疑問になる。なんでお年頃になったら恋愛せなあかんのかとか、お年頃は結婚するのか、子供を産みたいと思うのか、素朴に疑問なのです。

私の場合、別に超嫌いな人もそんなにいないし人間として興味がある人は多く、それでも曖昧な気持ちのまま特別な関係になるとか、適当に付き合うとか私の場合はできないけど、別に嫌いだからじゃないけど断ると人格を全否定していることと同じと感じるだろうし、傷つくだろうなと自己嫌悪にもなります。だったら男女間で常にゴタゴタしているより、いっそぼっちが楽なんじゃないかと思う変人。

それなりに一人は寂しいので一緒にいてくれる相手は欲しいです。でもその相手の意思もくまなくちゃいけない煩わしさもありますよね。相手が子供が欲しいと譲らないとかも、私は子供を一人だろうが育てるって超プレッシャーに感じるので、そういうところで揉めるとかも想像しただけで辛いなと思います。

相手は同意してくれても親御さんに圧をかけられるとかもあるだろうし。今生きていく中で私は負担を軽めにしてそれ分いろんなことにチャレンジしながら生きていたいけど、私もまだ子供が産める範囲の年齢なので、子供を産む気はないのに、結婚だけのことで勝手になんでも期待されるだけのレールに入れられる感もすごく怖いです。

子供を育てるというより、産む行為が怖いというか…。自分が妊娠中にどうなるかというと十中八九身の回りのことが何もできなくなるくらい調子を崩すと予測しているので。10月10日くらい日常がままならない状態で、子供を産んで更にダメージを負っているのにその上、子育てに移行するとかできないです。

ホルモンの変化でほぼそうなるだろうなぁと予測がつくので。違う人の子を育てているというのを聞くと、親のいない子もたくさんいるんだし、出産のダメージがないから、圧倒的に体力面でも最初から全力で子育てできていいじゃないかと本当に思います。

子供を産むというのも命がけの場合もあるので母体を選ぶか子供を選ぶかということもあるだろうし、本当に私が死ぬ場合もあるのでその時は父になる方が育ててくださいねということにも実際なりますし。
| 2018.09.08 Saturday | 日記 | - | - |
<new | top | old>